PIM-SM - Auto-RP Part3



 ◆ Auto-RP - 問題点

 Auto-RPでは、RP-AnnounceメッセージとRP-Discoveryメッセージをマルチキャストにて転送しています。
 PIM-SMではいかなるマルチキャストトラフィックもRPが必要となります。つまりRP-Announceメッセージ
 とRP-Discoveryメッセージのマルチキャストを転送するためのRPも必要ということになります。

 本問題を解決するため、224.0.1.39(RP-Announceメッセージ)と224.0.1.40(RP-Discoveryメッセージ)
 のためのRPをスタティックに設定すれば良いのですが、全てのPIMルータにその設定が必要となるだけでなく
 224.0.1.39と224.0.1.40のRPの障害を考慮した設計が必要となるなど現実的な解決策ではありません。そこで
 Auto-RPのこの問題点を解決するために、一般的に以下の2つのいずれかの設定で解決することが一般的です。

 ・ Ciscoルータのインターフェースの設定で「
sparse-dense-mode」の設定を使用
 ・ Ciscoルータのグローバルコンフィグ設定で「
ip pim autorp listener」の設定を使用



 ◆ Auto-RP 問題点の解決策(sparse-dense-modeの設定)

 RP-AnnounceとRP-Discoveryメッセージをネットワーク全体へと伝搬させるために、
すべてのPIMルータの
 
インターフェースで「sprase-dense-mode」を設定します。これにより、RPを認識することができていない
 マルチキャストパケットはDenseモードでフラッディングを行ます。そして、RPを認識することができている
 マルチキャストトラフィックはSparseモードでフラッディングすることからAuto-RPの問題点を解決します。


 ◆ Auto-RP 問題点の解決策(ip pim autorp listenerの設定)

 RP-AnnounceとRP-Discoveryメッセージをネットワーク全体へと伝搬させるために、すべてのPIMルータの
 
グローバルコンフィグで「ip pim autorp listener」を設定します。これによりインターフェース上の設定が
 sparse-modeであっても、
RP-AnnounceメッセージとRP-Discoveryメッセージのみ、Denseモードにより
 フラッディングしてくれます。なおip pim autorp listenerの設定は
Auto RP Listener機能と言われています。



マルチキャストの技術解説

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.