PIM-SM - BSR Part1



 ◆ BSR(Boot Strap Router)とは

 BSRは、マルチキャストグループとRP間のマッピングの自動化の手法の名称でもあり、BSRはAuto-RPで
 いうRP Mapping Agentに該当する名称でもあります。以下にAuto-RPとBSRの違いを列挙していきます。

 ・ Auto-RPはPIMv1とPIMv2のどちらでも実装できるが、BSRの場合は
PIMv2でのみ利用できる
 ・ Auto-RPでは「自分がRPになりたい!」というRP-Announceメッセージをマルチキャストで通知
   BSRでは「自分がRPになりたい!」という
C-RP通知をユニキャストで通知
 ・ Auto-RPでは「マルチキャストグループとRPアドレス情報」のRP-Discoveryを224.0.1.40で通知
   BSRでは「マルチキャストグループとRPのアドレス情報」の
BSRメッセージを224.0.0.13で通知
 ・ Auto-RPでは、複数のRP Mapping Agentが同時に動作できましたが、BSRでは、複数のBSRが存在
   する場合、BSRの決定メカニズムに従って選ばれた
1台のBSRのみが動作する



 ◆ BSRのメカニズム - その1

 @ BSRの決定
 BSRでは、先ずBSRを選出します。BSR選出のためにBSRメッセージに含まれる以下の情報を確認します。
 先ずBSRプライオリティを比較して大きな値を持つルータをBSRにします。BSRプライオリティが同じ場合
 IPアドレスを比較して大きな値を持つルータをBSRにします。下図ではBSRが1台なので選出比較はしません。

 選出基準 1. BSRプライオリティ
 選出基準 2. IPアドレス

 BSRは「自分がBSRである」というBSRメッセージを224.0.0.13(全てのPIMルータ)に送信します。この
 224.0.0.13(TTL=1)宛てにする
BSRメッセージは、ホップバイホップで全てのPIMルータに伝わります


    


 ◆ BSRのメカニズム - その2

 A RP Candidateから、C-RP通知をBSRへユニキャストで通知
 BSRメッセージがホップバイホップで全てのPIMルータに伝わった結果、RP CandidateはBSRのIPアドレス
 を知り、RP Candidateは「RPになりたい!」というメッセージである「C-RP通知」をBSRへユニキャスト
 で通知します。BSRでは、RP Candidateから通知を受けた全てのマッピング情報を学習します。


    



 ◆ BSRのメカニズム - その3

 B BSRメッセージで「マルチキャストグループとRPのアドレス情報」を通知
 BSRが、RPのC-RP通知で学習した情報(マルチキャストグループとRPのアドレス情報)をBSRメッセージで
 全てのPIMルータに通知していきます。下図のように1つのマルチキャストグループに対して複数のRPアドレス
 がある場合、各PIMルータがRP Candidateの以下の選出メカニズムによって、1つのRPアドレスを決定します。

 選出基準 1. 最も小さいルータのプライオリティ(デフォルト値は0)
 選出基準 2. 最も大きいハッシュ値
 選出基準 3. 最も大きいRPアドレス


    


 なお、1つのルータを「RP Candidate」兼「BSR」としてコンフィグ設定することも可能です。


 
◆ BSRで使用するメッセージ
BSRで使用するメッセージ 使用するアドレス 説明
C-RP通知 ユニキャスト  RPになる!というRP CandidateからBSRへ通知されるメッセージ
BSRメッセージ 224.0.0.13  BSRのプライオリティ、IPアドレス、Groupに対するRPアドレス



マルチキャストの技術解説

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.