PIM-SM - BSR Part2



 ◆ BSR - BSRの冗長化

 Auto-RPの場合、RP Mapping Agentが複数存在する場合はその全てが動作しているのに対して、BSRでは
 BSR(Auto-RPでいうMapping Agent)が複数いる場合、選出基準に従って
1台のルータのみがBSRとして
 
動作します。選出基準は以下の通りであり、より大きな値を持つルータがBSRとなります。

 選出基準 1. BSRプライオリティ
 選出基準 2. IPアドレス

 BSRになる前のルータは「
BSR Candidate」と言います。BSR Candidateには以下の2つのステータスが
 あります。Elected-BSRになったルータがBSRとして動作するようになります。

 ・ C-BSRステータス
 ・ Elected-BSRステータス

 BSR Candidateとして設定されたルータは、最初はC-BSRステータスとなります。1台しかBSR Candidate
 しかいない場合はブートストラップタイマー(150秒)の経過後にElected-BSRとなります。現在のBSRから
 BSRメッセージを受信した場合は、BSRプライオリティまたはIPアドレス情報を確認して、自分よりも大きな
 値である場合はC-BSRステータスのままとなり、自分の方が大きければElected-BSRステータスとなります。

 現在のBSRに障害が発生してBSRメッセージを送信できなくなり、C-BSRステータスであるBSR Candidateが
 BSRメッセージを受信できなくなるとブートストラップタイマー(150秒)経過後にElected-BSRになります。


 ◆ BSR - RP Candidateの冗長化

 すでに解説した通り、RP Candidateを複数のルータで設定することで、RPを冗長化することができます。
 これはAuto-RPと同じです。下図の通り、それぞれのRP Candidateが通知したマルチキャストグループに
 対するRPアドレスの情報をBSRは複数持つことになり、その情報をそのまま全てのPIMルータに通知します。


     




 それでは、BSRにおいてRP Candidateに障害が発生した場合の動作を見てみましょう。

 RP Candidateは60秒ごとにC-RP通知を送信しますが、BSRは
150秒以内にC-RP通知を受信できない場合は
 該当するRPアドレスの情報を削除します。Auto-RP の場合は180秒以内でしたが、 BSRの場合は150秒以内
 となります。この削除された情報はBSRからBSRメッセージによって各PIMルータに伝搬されていきます。


   



マルチキャストの技術解説

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.