Bidirectional PIM



 ◆ Bidirectional PIM(Bidir-PIM)とは

 Bidirectional PIMでは、SenderからRPへのトラフィックと、RPからReceiverへのトラフィックにおいて
 
同じディストリビューションツリーを使用します。Bidir-PIMは、PIM-SMの構造から派生したモードです。

 マルチキャストを利用する動画配信を行うアプリケーションでは、少数のSenderと多数のReceiverを前提
 とする「one-to-many」のマルチキャスト通信を行いますが、マルチキャストを利用するテレビ会議を行う
 アプリケーションではそのデバイスは「SenderでありReceiverになる」ことから、多数のSenderと多数の
 Receiverを前提とする「
many-to-many」のマルチキャスト通信を行います。Bidir-PIMはmany-to-many
 で通信するマルチキャストアプリのパケットをルーティングするのに適しています。


  


 many-to-manyのマルチキャスト通信である場合、多くのSenderとReceiverが存在することからルータに
 多くの(S,G)エントリが作成されてマルチキャストパケットの転送経路が複雑となるだけでなく、ルータの
 メモリがより多く使用されてしまいます。

 Bidir-PIMでは、SenderからRPへのトラフィックと、RPからReceiverへのトラフィックで同じツリーを使用
 することから大きく以下の2つのメリットがあります。

 ・ マルチキャストパケットの転送経路がシンプルとなる。
 ・ ルータで保持するエントリが
共有ツリーの(*,G)エントリだけとなり、ルータの負荷を軽減できる。


 ◆ DF(Designated Forwarder)とは

 Bidir-PIMでは「DF」という概念があります。DFとは
RPへのベストパスを持つルータのことであり、DFは
 リンクごとに選出されます。DFの選出基準は以下の通りです。

 ・ 選出基準1:RPアドレスへ、ユニキャストルーティングテーブルでAD/メトリック値が最も小さい
 ・ 選出基準2:選出基準が1が同じ場合、ルータのインターフェースのIPアドレスが最も大きい


 DFには以下の役割があります。

 ・ SenderからRPまでのマルチキャストパケットの転送
 ・ RPからReceiverまでの共有ツリーの(*,G)エントリの作成
 ・ ReceiverのいるルータはDFに向かってJoinする
 ・ Senderからのトラフィックは、DFを経由して転送される

 The
DF election is based on unicast routing metrics and uses the same tie-break rules employed by
 PIM assert processes.

 A
DF is selected for every RP of bidirectional groups. As a result, multiple routers may be elected as
 DF on
any network segment, one for each RP. In addition, any particular router may be elected as DF
 on more than one interface.



  


 DFが「RPアドレスごとに選出される点」と、DFが「リンクごとに選出される点」は認識しましょう。

 



マルチキャストの技術解説(応用)

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.