Bidirectional PIM - Part2



 ◆ Bidirectional PIM - Receiver ⇔ RP間の共有ツリーの作成

 Bidir-PIMにおけるReceiver ⇔ RP間の共有ツリーの作成のフローは、PIM-SMにおける動作とほぼ同じです。

 @ ReceiverからIGMP Joinメッセージを送信
 A 受信したマルチキャストグループに対応する(*,G)エントリの作成
 B ルータは、RPへ向かってPIM(*,G)Joinメッセージを送信
 C 受信したマルチキャストグループに対応する(*,G)エントリの作成


   


 Bidir-PIMの場合、上記フローはDF(Designated Forwarder)であるインターフェースで受信した場合のみ
 上記の動作を行います。DF以外のインターフェースでIGMP JoinメッセージやPIM(*,G)Joinメッセージを
 受信しても、それらのメッセージは破棄されます。その他、PIM-SMと異なる点として以下も認識しましょう。

 ・ Bidir-PIMでは、スイッチオーバーは機能しない
 ・ Bidir-PIMでは、PIM(S,G)Joinメッセージ、Register関連メッセージはI/Fで破棄される


 ◆ Bidirectional PIM - Sender:マルチキャストパケットの転送

 Bidir-PIMにおいて、Senderからマルチキャストパケットを送信する時のフローは以下がポイントとなります。

 ・ マルチキャストパケットを転送するルータでは、静的か動的にRPアドレスを学習していることが前提
 ・ ルータはRPアドレスを知っているので、SenderからのマルチキャストパケットをRPへと転送していく


 Senderからマルチキャストパケットが転送される時、Sender→RP間は以下の動作となります。

 @ Senderからのマルチキャストパケットをルータの
DFで受信
 A 受信パケットに対する(*,G)エントリのIncoming Interfaceへとマルチキャストパケットを転送


 Senderからマルチキャストパケットが転送される時、RP→Receiver間は以下の動作となります。

 @ RPからのマルチキャストパケットをルータの
RPFインターフェースで受信
 A 受信パケットに対する(*,G)エントリのOutgoing Interfaceへとマルチキャストパケットを転送


   




 以上の解説では、「共有ツリーの作成」と「マルチキャストパケットの転送」とで分けて解説するために
 1つのホストの役割を「Sender」と「Receiver」とで分けましたが、Bidir-PIMでは「many-to-many」の
 マルチキャスト通信で実装されるパターンが多いことから、実際には1つのホストが、SenderとReceiverの
 2つの役割を担い下図のようにネットワーク全体の中心(経路上の中心)にRPを配置するような構成が多い。


  

 



マルチキャストの技術解説(応用)

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.