IPv6 - Multicast Routing



 ◆ IPv6 - マルチキャストルーティング

 IPv6マルチキャストルーティングを行うために、IPv4マルチキャストルーティングと同じように前提として
 IPv6ユニキャストルーティングが各IPv6ルータ間で実現できていることが必要となります。基本的な考え方
 は同じですが、IPv4で使用するIGMPはIPv6では「
MLD」、IPv4で使用するPIMv2はIPv6では「IPv6 PIM
 IPv4で使用するIGMPスヌーピングはIPv6では「
MLDスヌーピング」を使用します。


  


 IPv6 PIMは「
PIMv6 」とも呼ばれています。


 ◆ MLDとは

 MLD(Multicast Listener Discovery)とは、IPv6のラストホップルータとIPv6のReceiver間で利用する
 プロトコルのことであり、MLDによってラストホップルータはマルチキャストグループの管理を行います。
 また、自身のインターフェース上に存在するマルチキャストグループを把握することができます。MLDは
 MLDv1とMLDv2があり、
MDLv1はIGMPv2に相当MLDv2はIGMPv3に相当しています。


   



 ◆ IPv6 PIM(PIMv6)とは

 IPv6 PIMとは、IPv6のマルチキャストルータ間で利用するマルチキャストルーティングプロトコルです。
 IPv6 PIMは「IPv4におけるPIMv2」と動作内容はほぼ同じです。ただし、
IPv6ではPIMのDenseモードは
 
存在しません。そのため、IPv6 PIMではディストリビューションツリーにおいて常にRPを意識しています。


      




マルチキャストの技術解説(応用)

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.