IPv6 Multicast - MLD



 ◆ IPv6マルチキャスト - MLDとは

 IPv4マルチキャストでは、マルチキャストグループの管理に専用プロトコルのIGMPで管理していましたが
 IPv6マルチキャストでは、マルチキャストグループの管理に
ICMPv6で管理しています。正確にはICMPv6の
 
MLD(Multicast Listener Discovery:マルチキャスト リスナー発見)メッセージを、IPv6のラストホップ
 ルータとIPv6 Receiverとの間でやりとりして、マルチキャストグループの管理を行っています。

 IGMPのヘッダとMLDのヘッダ構成は下図の通りです。IPv6マルチキャストでは、ICMPv6メッセージタイプ
 
130131132143のMLDメッセージを利用しています。


     



 MLDには、MLDv1とMLDv2があります。
MLDv1はIGMPv2に相当して、MLDv2はIGMPv3に相当します。
 MLDv1メッセージとIGMPメッセージ、MLDv2メッセージとIGMPメッセージの対比は以下のとおりです。

ICMPv6 - MLDv1のメッセージ IGMPメッセージ
 Multicast Listener Query  メンバーシップクエリー
 Multicast Listener Report  IGMPv2メンバーシップレポート
 Multicast Listener Done  IGMPv2リーブグループ

ICMPv6 - MLDv2のメッセージ IGMPメッセージ
 Multicast Listener Query  メンバーシップクエリー
 Version 2 Multicast Listener Report  IGMPv3メンバーシップレポート



マルチキャストの技術解説(応用)

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.