IPv6 Multicast - MLDv1



 ◆ MLDv1 - マルチキャストグループへの参加

 マルチキャストを使用するアプリケーションをインストールしたホストが、Receiverとしてマルチキャスト
 グループに参加するとします。Receiverは、ICMPv6メッセージタイプ131(
Multicast Listener Report)に
 より、ルータに
マルチキャストグループの参加を通知します。

 ReceiverからのMulticast Listener Reportを受信したルータは、自身が管理するメンバーシップリストに
 追加して、そのマルチキャストグループの情報は、マルチキャストルーティングテーブルにも反映されます。
 あわせて、該当するマルチキャストグループのディストリビューションツリーも更新します。


   


 ◆ MLDv1 - マルチキャストグループの維持

 MLDv1では、ルータは定期的にMulticast Listener Query送信して、そのセグメント上でReceiverが
 存在するかを確認します。Multicast Listener Queryは全てのIPv6マルチキャストホストを示すFF02::1
 宛てに対し送信されます。Multicast Listener Queryを受信したReceiverは、そのセグメントに存在する
 ことを意味する応答として、
Multicast Listener Reportを送信します。


  



 Multicast Listener Queryには「
General Query」と「Group-Specific Query」の2種類があります。上図で
 送信されているMulticast Listener Queryは、グループを指定せず送信されている
General Queryとなります。

Multicast Listener Query 説明
General Query  全てのマルチキャストグループへのMulticast Listener Query
Group-Specific Query  特定のマルチキャストグループへのMulticast Listener Query




 ◆ MLDv1 - マルチキャストグループからの脱退

 MLDv1は、マルチキャストグループから離脱時にルータにMulticast Listener Doneメッセージを送信します。
 離脱したいReceiverは、リンクローカル上の全てのIPv6マルチキャストルータ
宛てに、このメッセージを送信
 します。この宛先アドレスはリンクローカル上の全てのIPv6マルチキャストルータを示す
FF02::2となります。

 Multicast Listener Doneメッセージを受信したマルチキャストルータは、Multicast Listener Queryを送信
 して、そのセグメント上にその他のReceiverが存在しないかどうかを確認します。Multicast Listener Query
 の応答が得られない場合、マルチキャストルータは該当するマルチキャストグループのエントリを削除します。


   


 上図で送信されているMulticast Listener Queryは、離脱を通知している特定のマルチキャストグループへ
 送信していることから「
Group-Specific Query」となります。


 解説図ではPC1台しかありませんが、別のPCがFF05::3333に参加していてそのPCからマルチキャストルータに
 Multicast Listener Reportを送信すれば、マルチキャストルータは引き続き、FF05:3333宛てにマルチキャスト
 トラフィックを転送し続けます。以上の解説通り、MLDv1の動作はIGMPv2の動作とほとんど同じと言えます。



マルチキャストの技術解説(応用)

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.