IPv6 Multicast - MLDv2



 ◆ MLDv2メッセージの詳細

 MLDv2では、次の2種類のメッセージを使用します。

 ・ 
Multicast Listener Query
 ・ 
Version 2 Multicast Listener Report

 そして、Version 2 Multicast Listener Reportには、次の2種類があります。

 ・ 
Current State Report:Multicast Listener Query の応答として使用
 ・ 
State Change Report:マルチキャストグループへの参加、離脱の通知のために使用

 Version 2 Multicast Listener Reportメッセージに含まれる
Multicast Address Recordでは以下の値を指定
 することで、色々な動作を実現します。

Multicast Address Recordタイプ 説明
 Current State Report  MODE_IS_INCLUDE  フィルタモードがINCLUDEモードであることを示す
 MODE_IS_EXCLUDE  フィルタモードがEXCLUDEモードであることを示す
 State Change Report  CHANGE_TO_ INCLUDE_MODE  フィルタモードをINCLUDEに変更することを示す
 CHANGE_TO_ EXCLUDE_MODE  フィルタモードをEXCLUDEに変更することを示す
 ALLOW_NEW_ SOURCES  マルチキャストの受信を希望する送信元を追加することを示す
 BLOCK_OLD_ SOURCES  マルチキャストの受信を希望する送信元を削除することを示す



 ◆ MLDv2 - マルチキャストグループへの参加

 Receiverからマルチキャストルータへ
Version 2 Multicast Listener ReportState Change Report)の
 メッセージを送信します。このメッセージの宛先アドレスは「
FF02::16」となります。MLDv2ではIGMPv3
 と同様に、受信したいマルチキャストグループの通知だけでなく、Senderの送信元アドレスを指定できます。

 
・ 送信元を指定する場合のState Change ReportのMulticast Address Recordは「ALLOW_NEW_SOURCES」となります。
 
・ 送信元を指定しない場合のState Change ReportのMulticast Address Recordは「CHANGE_TO_EXCLUDE」となります。



  



 ◆ MLDv2 - マルチキャストグループの維持

 MLDv1では、ルータは定期的にMulticast Listener Query送信して、そのセグメント上でReceiverが
 存在するかを確認します。Multicast Listener Queryは全てのIPv6マルチキャストホストを示すFF02::1
 宛てに対し送信されます。Multicast Listener Queryを受信したReceiverは、そのセグメントに存在する
 ことを意味する応答として、
Version 2 Multicast Listener Reportを送信します。

 
・ 送信元を指定する場合のCurrent State ReportのMulticast Address Recordは「MODE_IS_INCLUDE」となります。
 ・ 送信元を指定しない場合のCurrent Change ReportのMulticast Address Recordは「MODE_IS_EXCLUDE」となります。


  




 ◆ MLDv2 - マルチキャストグループからの離脱

 MLDv1は、マルチキャストグループから離脱時にルータにMulticast Listener Doneメッセージを送信します。
 MLDv2は、マルチキャストグループから離脱時にルータに
Version 2 Multicast Listener Reportメッセージを
 送信します。正確にはVersion 2 Multicast Listener Reportメッセージの
State Change Reportで通知します。

 離脱したいReceiverは、MLDv2に対応するIPv6マルチキャストルータへVersion 2 Multicast Listener Report
 メッセージを送信します。この時の宛先アドレスは
FF02::16となります。離脱を示すState Change Reportを
 受信したルータは、Multicast Listener Queryを送信して
、そのセグメント上にその他のReceiverが存在しない
 かどうかを確認します。応答がない場合、ルータは該当するマルチキャストグループのエントリを削除します。

 
・ 送信元を指定する場合のState Change ReportのMulticast Address Recordは「BLOCK_OLD_SOURCES」となります。
 
・ 送信元を指定しない場合のState Change ReportのMulticast Address Recordは「CHANGE_TO_INCLUDE_MODE」です。


  



マルチキャストの技術解説(応用)

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.