IPv6 PIM ( PIMv6 )



 ◆ IPv6 PIM( PIMv6 )とは

 IPv6 PIMはルータ間で使用するルーティングプロトコルであり、IPv6 PIMによってディストリビューション
 ツリーを作成し、マルチキャストパケットをルーティングできます。IPv6 PIMではDenseモードは存在せず
 
Sparseモードとして動作します。つまり、RPを中心としたディストリビューションツリーを作成します。

 IPv6 PIMは、Senderからのマルチキャストパケットを受信したファーストホップルータはそれをトリガーに
 
SenderからRPまでは送信元ツリーを作成します。一方、ReceiverからのMLDメッセージを受信したラスト
 ホップルータはRPへPIM(*,G)Joinメッセージを送信します。PIM(*,G)Joinメッセージを受信したRPは
 それをトリガーに
RPからReceiverまでは共有ツリーを作成します。


    


 IPv6 PIMでは、RPを中心とするディストリビューションツリーを作成するので、マルチキャストパケットの
 流れは、上図ではR1⇒R2⇒R3の順で転送されていきます。ただし、PIMv2と同様に、
スイッチオーバー機能
 があることから、R1⇒R3の順番でマルチキャストパケットを転送していくこともできます。

 また、Receiverとラストホップルータ間でMLDv2を動作させている場合は、MLDv2で送信元アドレスを指定
 したマルチキャストグループの参加により、SenderからReceiverまでの最短経路となる送信元ツリーを作成
 する
SSM(Source Specific Multicast)によるマルチキャストルーティングも可能です。

 IPv6 PIMでRPを定義する方法には、静的な「スタティックRP」と動的な「BSR」の2つの方法があります。



マルチキャストの技術解説(応用)

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.