IPv6 PIM - Source Tree



 ◆ IPv6 PIM - 送信元ツリーの作成

 IPv6 PIMの送信元ツリーは、Senderからマルチキャストパケットをファーストホップルータに送信すること
 によってその作成が始まります。マルチキャストパケットを受信したファーストホップルータは、それに該当
 する(S,G)エントリを作成します。

 この(S,G)エントリのIncoming Interfaceは「
マルチキャストパケットを受信したInterface」となります。
 Outgoing Interfaceは「
PIM RegisterメッセージをカプセルするTunnel Interface」となります。この点は
 IPv4のPIMv2とは異なります。IPv6 PIMは、PIMv2のようにOILの最初は「Null」として登録されないのです。
 また、IPv6 PIMのRFPネイバーは「
SenderのIPv6アドレス」となり、この点についてもPIMv2と異なります。

 ファーストホップルータは、受信したマルチキャストパケットをPIM Registerメッセージでカプセル化を行い
 RPへユニキャストで伝送していきます。RPはPIM Registerメッセージを受信すると、カプセル化されている
 マルチキャストに対応する(S,G)エントリを作成して、カプセル化の解除後に、マルチキャストパケットを
 ルーティングしていきます。


   



 現在の状態では、FHRからRPへはマルチキャストパケットではなく、ユニキャストパケットとして通信して
 いる状態なので、マルチキャストパケットのままFHRからRPまでマルチキャストパケットのルーティングが
 できるように送信元ツリーを作成します。

 RPからFHRへ向かって、
PIM(S,G)Joinメッセージを送信します。今回のネットワーク構成図に合わせると
 PIM( 2001:1:1:3::1, FF05::3333 )Joinメッセージということになります。PIM(S,G)Joinメッセージを
 受信したFHRは、それに対応する(S,G)エントリを作成します。FHRの該当する(S,G)エントリのOutgoing
 Interfaceは最初「Tunnel」でしたが「Gi0/2」となり、マルチキャストルーティングができるようになります。


  



 マルチキャストパケットを受信できるようになったRPは、PIM Registerメッセージが不要になったため、
 R1へPIM Register-stopメッセージを送信します。その結果、FHRからRPへはPIM Registerメッセージを
 送信しないようになり、以降は最終状態としてマルチキャストパケットだけが転送されるようになります。


   




マルチキャストの技術解説(応用)

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.