PIM Snooping



 ◆ PIMスヌーピングとは

 L2スイッチが複数のルータと接続しているネットワークでは、マルチキャストのReceiverが存在しなくても
 L2スイッチはデフォルトで、全てのルータのポートへとIPマルチキャストパケットをフラッディングします。

 例えば、下図のようにReceiverからIGMP Joinメッセージをラストホップルータ(R1)へ送信すると、R1は
 RPであるR2へPIM Join(*,G)メッセージを送信しますが、L2スイッチはそのPIM Join(*,G)メッセージを
 接続された全てのルータにフラッディングします。そして、SenderからReceiverへマルチキャストパケット
 を送信する時、R1を対象としたマルチキャストトラフィックをL2スイッチは全ルータにフラッディングします。


   



 
PIMスヌーピングを有効化すると、L2スイッチは PIM Hello メッセージPIM JoinとPruneメッセージ
 
Bidir-PIM DF選定メッセージなどをスヌーピング( のぞき見 )して、特定のVLAN内でマルチキャスト
 トラフィックを受信する必要があるマルチキャストルータのポートを学習するようになり、L2スイッチは
 マルチキャストトラフィックを受信する必要のあるルータ(R1)だけに転送するようになります。


  


 L2スイッチ上でPIMスヌーピングを実装するためには、そのスイッチで
IGMPスヌーピングを有効化している
 
必要があります。なお、IGMPスヌーピングは「ホスト」が接続されているLANポートからのマルチキャスト
 トラフィックの送信を適切に制限できるようなりますが、説明図のようにL2スイッチに「ホスト」ではなくて
 複数の「マルチキャストルータ」が接続しているLANポートからのマルチキャストトラフィックの送信を適切
 に制限できません。小規模なネットワークではPIMスヌーピングを実装しなくても、そのトラフィック量から
 して問題はありませんが、大規模なL2網では「最適な通信と負荷軽減」のためにPIMスヌーピングも必要です。



 ◆ PIMスヌーピング - コンフィグ設定

 PIMスヌーピングはデフォルトではディセーブルに設定されています。PIMスヌーピングは、グローバルでの
 有効化だけでなく、VLAN単位でPIMスヌーピングの有効化と無効化の設定が可能です。

 ◆ PIMスヌーピング - グロバールでの有効化
 (config)#
ip pim snooping

 ◆ PIMスヌーピング - VLAN単位での有効化
 (config)#
interface vlan vlan-id
 (config-if)#
ip pim snooping


 VLAN単位でPIMスヌーピングを設定する場合、interface vlan上で設定を行います。なお、PIMスヌーピング
 を有効化したinterface vlanで、IPアドレスの設定やIP PIMの設定などは必要ありません。PIMスヌーピングの
 ステータス確認は、
show ip pim snoopingコマンドで行います。



 ◆ PIMスヌーピング - コンフィグ設定(オプション)

 デフォルトでは、PIMスヌーピングを有効化しているL2スイッチは、PIM DRにマルチキャストトラフィックを
 フラッディングします。このデフォルト動作は、不要なマルチキャストパケットがPIM DRに送信されることが
 あります。PIM DRへの不要なトラフィックを減らすためには「
no ip pim snooping dr-flood」を設定します。

 この設定により、PIMスヌーピングは、PIM DRへのリンクから明示的Joinメッセージを受信するマルチキャスト
 グループ内にあるトラフィックだけをPIM DRへ送信するようになります。

 ◆ PIM snooping designated-router flooding の無効化
 (config)#
no ip pim snooping dr-flood


 この設定には注意事項があります。以下の内容に合致する場合はこの設定をしないように注意しましょう。
 
★ Do not disable designated-router flooding on switches in a Layer 2 broadcast domain that supports multicast sources.



 ◆ PIMスヌーピングでのぞき見するメッセージ

 PIMスヌーピングによってのぞき見するメッセージは大きく以下の3点です。大切なポイントとなります。

 ・ PIM hello messages
 ・ PIM join and prune messages
 ・ bidirectional PIM designated forwarder-election messages( Bidir-PIMのDF選定メッセージ )



マルチキャストの技術解説(応用)

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.