ip nat inside source - Static NAT



 ◆ スタティックNATの設定 - ip nat inside source(内部送信元アドレス変換)

 スタティックNATの設定手順は以下の通りです。

 @ 1対1でNAT変換する「内部ローカルアドレス」と「内部グローバルアドレス」を定義
 A どのインターフェースを「内部ネットワーク」または「外部ネットワーク」に指定するのかを定義

 
◆ @ NAT変換する 「 内部ローカルアドレス 」 と 「 内部グローバルアドレス 」を定義
 (config)#
ip nat inside source static local-ip global-ip

コマンド引数 説明
local-ip

 内部ローカルアドレスの指定

global-ip  内部グローバルアドレスの指定


 ◆ A 内部/外部ネットワークの指定
 (config-if)#
ip nat inside | outside

コマンド 説明
inside

 そのインターフェースが、内部ネットワークであることを指定

outside  そのインターフェースが、外部ネットワークであることを指定


    


 上図のように設定することで、クライアントPCの送出パケットは内部ネットワークでは「送信元アドレスが
 192.168.0.1」ですが、Gi0/0から送出される際には「送信元アドレスが100.1.1.1」となって送信されます。
 NATルータの show ip nat translation の結果は以下の通りです。通信していなくても静的に生成されます。

show ip nat translation 表示結果
Inside global Inside local Outside local Outside global
100.1.1.1 192.168.0.1 --- ---



 スタティックNATでは、IPアドレスのスタティック変換だけでなく、IPアドレスとポート番号の両方を
 同時に変換することができます。例えば以下の設定により、内部送信元アドレス「192.168.0.1:22」を
 「100.1.1.1:220」に変換しています。つまり、外部(ip nat outside側)から「192.168.0.1」にSSH
 接続したい場合、ポート番号を「22」ではなく「220」を宛先ポートに指定して接続する必要があります。

 Router(config) # ip nat inside source static tcp 192.168.0.1 22 100.1.1.1 220 extendable


 以下のNATテーブルの一行目は、
ip nat inside source static tcp を入力することで静的に作成されて、
 二行目は「192.168.0.1」と「100.1.1.1」の間で通信を開始し始めると、自動的に作成されるものです。

show ip nat translation
Pro Inside global Inside local Outside local Outside global
tcp 100.1.1.1:220 192.168.0.1:22 --- ---
tcp 100.1.1.1:220 192.168.0.1:22 100.1.1.2:51180 100.1.1.2:51180



NAT、PAT

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2020 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.