Network



 ◆ スタンドアロンからネットワークへ

 コンピュータが誕生した頃、コンピュータは単体で他のコンピュータと接続しない形態で利用していました。
 この利用形態を
スタンドアローンと言います。コンピュータの進化につれて、コンピュータは相互に接続し
 利用されるようになります。複数台のコンピュータをケーブルや電波などで相互に接続して、相互に情報を
 やりとりする仕組みを
コンピュータネットワークと言います。この仕組みは単にネットワークとも言います。


    




 ◆ コンピュータネットワークの分類

 コンピュータネットワークは規模に応じてLAN、WAN、インターネットに大きく分類することができます。

 
LAN (Local Area Network) とは、同じ建物の中にあるコンピュータ、プリンタ、サーバなどを接続して
 データをやり取りするネットワークのことです。LANといっても、家庭内で数台のPCを相互接続している
 LAN(家庭内LAN)や、企業内で数百台のPCなどを相互接続しているLAN(企業内LAN)などがあります。


    


 
WAN (Wide Area Network) とは、地理的に離れた場所にあるコンピュータなど相互接続して、データを
 やり取りするネットワークのことです。WANはNTT、KDDI、ソフトバンクといった通信事業者が提供する
 サービス(広域イーサネット、IP-VPNなど)を利用します。このWANによって、本社と支店の企業内LAN
 を相互接続したり、異なる場所にある大学のキャンパスLANを相互接続したりすることが可能となります。


    



 
インターネットは、世界の全てのネットワークを相互接続した巨大なコンピュータネットワークのこと。
 家庭内LAN、大学キャンパスLAN、企業内LANなど、世界中の様々なネットワークが接続されています。
 インターネットは全体を統括するコンピュータは存在せず、全世界に分散された無数のコンピュータが
 少しずつサービスを提供することで成り立っています。例えば、当方のWebサイトもインターネットの
 一部です。インターネットには、PCだけではなく、スマホなどの様々なメディアからアクセスできます。


     



 
イントラネットとは、このインターネット標準技術を用いて構築された企業内ネットワークのことです。
 インターネット標準技術とは、プロトコルにTCP/IPを利用した電子メールのシステム、Webのシステム
 などのことです。イントラ(内部的な)ネットでは特定の組織内メンバーだけが閲覧できるWebサーバが
 あったり、特定の組織内のメンバーだけでメールの送受信ができるなど閉じたネットワークのことです。
 イントラネットが外部接続(インターネット接続)する場合、ファイアウォール等をその間に設置します。
 
※ インターネットが世界規模の開かれたネットワークであるのに対し、イントラネットは企業規模の組織内ネットワークです。


 ◆ コンピュータネットワークはとても偉大!

 パソコンをネットワークに接続することにより、複数のPCがプリンターの利用を共有することができたり
 (
ハードウェアリソースの共有)、サーバにあるファイルデータを複数のPCで共有できたり、一元管理
 (
ソフトウェアリソースの共有)することができます。さらに、WAN接続することで例えば大阪支店の
 PCが東京本社のサーバのデータにアクセスすることができます。そして、インターネット接続できれば
 例えば、Internet ExploreのWebブラウザで私のWWWサーバのWebサイトにアクセスして学習できたり
 Outlookのメーラーにより世界中の人とメールの送受信ができます。ネットワークはとても偉大なのです。



ネットワーク、プロトコル、OSI参照モデル

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2018 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.