Cisco Nexus - 5500 / 2000



 ◆ Cisco Nexus 5500シリーズ

 Cisco Nexus 5500シリーズには、Nexus 5548とNexus 5596の2種類の機種があります。Nexus5548では、
 1RUの10Gスイッチ/FCスイッチ/FCoEスイッチであり、最大960Gbpsスループットと最大48ポートを提供。
 5548ではユニファイドポート(Ethernet/FC/FCoE対応)を32ポートと、11つの拡張slotを備えています。
 拡張スロットでは、Ethernet/FCoEポート or 8/4/2/1Gbps FCスイッチポートとしてFC-SANへ接続が可能。


     



 Nexus5596では、2RUの10Gスイッチ/FCスイッチ/FCoE スイッチであり、最大1920Gbpsのスループットと
 最大96ポートを提供します。このスイッチは48のユニファイドポート( Ethernet/FC/FCoE対応)と、3つの
 拡張スロットではEthernet/FCoEポート or 8/4/2/1Gbps FCスイッチポートとしてFC-SANへ接続が可能。

        

項目 Nexus 5548 Nexus 5596
最小ソフトウェア要件 NX-OS 5.0 (3) N1.1 以降 NX-OS 5.0 (3) N1.1 以降
ラックユニット 1RU 2RU
入力電圧 100〜240VAC 100〜240VAC
消費電力 600W 882W
標準 : インターフェースの数(1G/10G/FCoE/DCB) 32 48
最大 : インターフェースの数(1G/10G/FCoE/DCB) 48 96
拡張モジュールの最大搭載数 1 3
パフォーマンス ファブリック容量 960Gbps 1920Gbps
パケット最大転送レート 714.24Mpps 1,428Mpps
メモリ DRAM 8GB 8GB
NVRAM 6MB 6MB


 ◆ Cisco Nexus 2000シリーズ

 Nexus2000シリーズFEX(Fabric Extender)は、Nexus7000や5500を親(CPU)として動作する機種です。
 従って、Nexus2000シリーズ単独では動作しません。大規模なサーバインフラの場合、Nexus7000や5500を
 コアにして、Nexus2000をサーバと同じラック内にその名の通りFEX(Fabric Extender)として配置します。

  




 下図はNexus 5000シリーズを親(CPU)として、Nexus 2000シリーズのFEXとして構成するイメージ図。


          


製品番号 説明
 N2K-C2224TP

 Nexus2224TP シリーズ 1GE ファブリックエクステンダ、電源 X 2、ファンモジュール X 1
 100/1000Base-T X 24、10GE(SFP+ が必要)X 2、エアーフローと電源の選択可

 N2K-C2248TP

 Nexus2248TP シリーズ 1GE ファブリックエクステンダ、電源 X 2、ファンモジュール X 1
 100/1000Base-T X 48、10GE(SFP+ が必要)X 4、エアーフローと電源の選択可

 N2K-C2248TP-E

 Nexus2248TP-E シリーズ 1GE ファブリックエクステンダ、電源 X 2、ファンモジュール X 1
 100/1000Base-T X 48、10GE(SFP+ が必要)X 4、32MBのバッファ、エアーフローと電源の選択可

 N2K-C2232PP

 Nexus2232PP シリーズ 10GE ファブリックエクステンダ、電源 X 2、ファンモジュール X 1
 1/10GE(SFP/SFP+ が必要)X 32、10GE(SFP+ が必要)X 8、エアーフローと電源の選択可

 N2K-C2248PQ

 Nexus2248PQ 10GE ファブリックエクステンダ、電源 X 2、ファンモジュール X 4
 1/10GE(SFP/SFP+ が必要)X 48、40GQSFP+(QSFP+が必要)X 4、エアーフローと電源の選択可

 N2K-C2232TM

 Nexus2232TM シリーズ 10GBASE-T ファブリックエクステンダ、電源 X 2、ファンモジュール X 1
 1/10GBase-T X 32、10GE モジュール(SFP+ が必要)X 8、エアーフローと電源の選択可

 N2K-C2232TM-E

 Nexus2232TM-E シリーズ 10GBASE-T ファブリックエクステンダ、電源 X 2、ファンモジュール X 1
 1/10GBase-T X 32、10GE モジュール(SFP+ が必要)X 8、エアーフローと電源の選択可

 N2K-C2224TP-1GE

 Nexus2224TP シリーズ 1GE ファブリックエクステンダ、AC 電源 X 2、ファンモジュール X 1
 (標準エアフロー)100/1000Base-T X 24、10GE(SFP+が必要)X 2、N2K-C2224TPと同一

 N2K-C2248TP-1GE

 Nexus2248TP シリーズ 1GE ファブリックエクステンダ、AC 電源 X 2、ファンモジュール X 1
 (標準エアフロー)100/1000Base-T X 48、10GE(SFP+が必要)X 4、N2K-C2248TPと同一

 N2K-C2232PP-10GE

 Nexus2232PP シリーズ10GE ファブリックエクステンダ、AC 電源 X 2、ファンモジュール X 1
 (標準エアフロー)1/10GE(SFP/SFP+必要)X 32、10GE(SFP+必要)X 8、N2K-C2232PPと同一

 N2K-C2232TM-10GE

 Nexus2232TM シリーズ10GBASE-Tファブリックエクステンダ、AC 電源 X 2、ファンモジュール X 1
 (標準エアフロー)1/10GBase-TX32、10GEモジュール(SFP+が必要)X 8、N2K-C2232TMと同一



 ◆  FET付属シリーズ
製品番号 説明
 N2K-C2224TF

 Nexus 2224TP シリーズ with ファブリックエクステンダトランシーバ X 4 を含む

 N2K-C2248TF

 Nexus2248TP シリーズ with ファブリック エクステンダ トランシーバ X 8 を含む

 N2K-C2248TF-E

 Nexus2248TP-E シリーズ with ファブリック エクステンダ トランシーバ X 8 を含む

 N2K-C2232PF

 Nexus2232PP シリーズ with ファブリック エクステンダ トランシーバ X 16 を含む

 N2K-C2232TF

 Nexus2232TM シリーズ with ファブリック エクステンダ トランシーバ X 16 を含む

 N2K-C2232TF-E

 Nexus2232TM-E シリーズ with ファブリック エクステンダ トランシーバ X 16 を含む

 N2K-C2224TF-1GE

 N2K-C2224TP-1GE with ファブリック エクステンダ トランシーバ X 4 を含む

 N2K-C2248TF-1GE

 N2K-C2248TP-1GE with ファブリック エクステンダ トランシーバ X 8 を含む

 N2K-C2232PF-10GE

 N2K-C2232PP-10GE with ファブリック エクステンダ トランシーバ X 16 を含む

 N2K-C2232TF-10GE

 N2K-C2232TM-10GE with ファブリック エクステンダ トランシーバ X 16 を含む




 ◆ Cisco Nexus 5500シリーズ - エアフロー

 Nexusのようなデータセンタースイッチにおいてはエアフロー(空気の流れ)を考えたラックマウントが
 非常に重要になってきます。例えばNexus5500シリーズにおけるエアフローを下図で紹介します。先ず、
 Nexus 5500シリーズではインターフェース側が背面、電源やファンなどがある方が前面となっています。

 N5K-C5548UP-FAにおいてファン型番をN5548P-FANを指定した場合、前面から背面へ空気が流れて、
 N5548P-FAN-Bを指定した場合には、背面から前面へ空気が流れます。これを理解した上で設置します。


  


※ Nexus 3000シリーズはNexus7000/5500よりも低遅延、低消費電力、1/10/40Gを単一のアーキテクチャで構築可能なスイッチ。
※ Nexus 4000シリーズはIBMブレードサーバ環境に堅牢で復元力が高いソリューションを提供するスイッチ ( for IBM BladeCenter )




 ◆ Cisco Nexus 5500シリーズ - L3ライセンスの注意事項

 Nexus5548でLayer3機能を使用するためにはL3ドーターカードとBASEかLAN Enterpriseライセンスが必要。

L3ライセンス 機能 サポートする主な機能項目
バンドルされた標準機能 L2
 VLAN、Trunk(.1Q)、VTPv1/v2、RSTP、MSTP、UDLD、LACP、vPC、QoS

Base 基本L3機能

 VLANルーティング、スタティックルート、RIPv2、OSPFv2
 ⇒ limited 256 routes (ルート数が256と限られているので要注意)
 EIGRP stub、HSRP、VRRP、uRPF、ACL、PIM SM、IGMPv2/v3

LAN Enterprise 拡張L3機能
 OSPFv2(unlimited)、EIGRP(unlimited)、BGP、VRF-Lite

 ※ Baseライセンスの製品型番は N55-BAS1K9、LAN Enterpriseの製品型番は N55-LAN1K9 となります。
 ※ この他に標準機能でCDP、SSHv2、SNMP、SYSLOG、AAA、Storm Control、PVLANなども利用可能です。
 ※ N5548で全てのL3機能を有効化するためにはLAN EnterpriseだけでなくBaseのライセンスも必要。計2つ。
 ※ L3ラインセンス以外に「FCoEライセンス」「FabricPathライセンス」「VM-FEXライセンス」があります。



Cisco Nexusとは

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.