FabricPath



 ◆ FabricPathとは

 FabricPathとは、L2ループ構成において、STPを使用することなく全てのリンクをActiveのリンクとして
 使用できるイーサネットの冗長化技術です。この冗長化技術はIETFで策定されたものはTRILLと呼ばれて
 います。FabricPathでは、最大「16」のL2経路をECMP(Equal Cost Multi Path)として使用可能です。


   




 FabricPathにより帯域幅を大きく使用できるL2構成になるだけでなく、複数のスイッチを1台のスイッチ
 のように実装できることから、例えば、仮想化マシンをハイパーバイザから別のハイパーバイザに移動
 させる際に、サーバ管理者はネットワーク構成を意識することなく、柔軟な運用の効率化を実現します。


     



 ◆ FabricPathの動作 - 概要

 FabricPathネットワークでは、Layer2のIS-IS(Intermediate System-to-Intermediate System)が使用
 されています。これはFabricPath IS-ISと呼ばれています。このIS-ISを使用することによりSwitch IDへの
 経路を学習してFabricPathルーティングテーブルを作成します。下図は、データプレーンの動作です。


 



 @ Ethernetフレームが着信したIngress FabricPathスイッチは宛先Switch IDを決定しヘッダを付与する。
 A FabricPathネットワークでは、MACアドレスではなくて宛先Switch IDを見てルーティングが行われる。
 B Egress FabricPathスイッチに着信すると、FabricPathヘッダを除去してEthernetフレームとして転送。

 ※ FabricPathネットワークの運用にIS-ISの深い知識が問われることはない( L2のプラグアンドプレイ )
 ※ FabricPathネットワークではRPFチェックとFabricPathヘッダに含まれたTTLによりループを軽減する。



Cisco Nexusとは

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.