Cisco Nexus - vPC



 ◆ vPC ( virtual PortChannel ) とは

 従来のPortChannelでは、スタック構成を除いて物理スイッチをまたいだ PortChannel を実現できません。
 従って、下図のようなL2ループ構成を組み、STPによりブロッキングを行って片方のリンクしか使用しない
 構成にする必要がありました。NexusシリーズでサポートされるvPC機能によって、物理的に異なる2つの
 物理スイッチ間をポートチャネルで接続することができます。vPCの構成により、STPによる設計や管理が
 必要なくなるだけでなく、2つのリンクを両方使用できるため利用可能な帯域幅が大きくなる利点があります。


    




 ◆ vPCとVSSの違い

 Nexusシリーズで実装できるvPC、Catalyst6500シリーズで実装できるVSSの大きな違いは以下の通りです。

比較項目 vPC VSS
マルチシャーシ EtherChannel
ループフリートポロジー
負荷分散
コントロールプレーン 2つの独立ノード 1つの論理ノード
コントロールプレーンプロトコル ノード単位のインスタンス 単一インスタンス
スイッチの設定 それぞれ独立したコンフィグ 1つのコンフィグ
最大物理ノード 2 2
ISSUサポート トラフィックの停止発生
スイッチ間リンクハードウェア 10GE I/F SUP720-10G、6708、6716
EthernChannelプロトコル LACP PAgP+、LACP
Dual Active検知 PeerキープアライブHelloメッセージ PAgP+、VCD、Fast-Hello keepalive

 ※ ISSU (In-Service Software Update) : NX-OSではISSUを実行する機能を提供する。これにより他のモジュールにほとんど
 影響を与えることなく完全なイメージアップグレードが可能。また、フォワーディング プレーンに影響を与えることなくNX-OSを
 サービスの中断なしでアップグレードできる。これでソフトウェアのアップグレード中にフォワーディングをノンストップで実行可。



 ◆ vPC - 用語


     


vPC用語 説明
vPC  vPCピアスイッチによって形成されたポートチャネル
vPCピアスイッチ  vPCプロトコルを実行し、vPCを提供するお互いの機器
vPCメンバーポート  vPCを設定したvPCピアスイッチ上の物理ポート。
vPCピアリンク

 vPCピアスイッチ間の10GEのポートチャネル。vPCピアスイッチ間で同期のために使用
 されるリンク。ピアリンクを使用してローカルピアからの発信パケットとしてタグ付けする。
 対向のvPCピアスイッチのvPCメンバーポートの障害発生時に、データトラフィックを導く。

vPCピア
キープアライブリンク

 リモートピアが正常に動作しているかどうかを判別する"セカンダリテスト"として使用される
 L3通信パスを提供する。このリンクではデータトラフィックや同期トラフィックは送信されない。
 ※ このリンクのためにManagement0インターフェースを使用することをCiscoは推奨している。

vPCドメイン  vPCを構成する2台のvPCピアスイッチが所属するドメインのこと。
Cisco Fabric Services

 CFS。ステートフルな設定メッセージの送受信と同期をサポートするよう設計されたプロトコル。
 vPCピアリンクでやりとりされる。vPCピアスイッチ間の状態の同期(MACテーブル等)を行う。



 vPC機能を有効化し、vPCピアリンクを確立すると、2台のvPCピアスイッチ間でCFS(Cisco Fabric Services)
 メッセージが交換されるようになります。CFSメッセージが交換されることにより、vPCが設定されたローカル
 スイッチ設定のコピーが、vPCが設定されたリモートスイッチに提供される。ここで、vPCを起動する前に解決
 しておくべき設定上(vPCの設定の不一致だけでなくHSRP、PIMなど)の矛盾がないかどうかが確認されます。



Cisco Nexusとは

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.