Cisco NX-OS



 ◆ NX-OS : 見方

 Cisco Nexusシリーズに搭載されるNX-OSの見方は以下の通り。Nexus5500のNX-OSを例として見ます。


      




 ◆ NX-OS : Long-Lived と Short-Lived

 各NX-OSのメジャーリリースには、最低1つのLong-Livedリリースと1つ以上のShort-Livedリリースがある。

リリースの種類 説明
Long-Livedリリース

 リリース時に新しい機能が提供されるが、継続中の品質と安定性を維持するために長期計画で
 提供されるリリース。品質と安定性を重視し、アップグレードの傾向が低いネットワークに推奨する。

Short-Livedリリース

 新しいハードウェアやソフトウェアのアップデート状況に応じてアドホックに更新されるリリース。
 新しいハードウェアやソフトウェアの迅速な取り込んでいくネットワークシステムに推奨される。
 次の利用可能なリリースにアップグレードしていくことがベストプラクティス。安定性には欠ける。



    


 つまり、NX-OSの品質と安定性を重視する場合はバージョンアップの際に常にLong-Livedリリースを選択して
 いけば良く、例えばNX-OS4.2 → NX-OS5.2 → NX-OS6.2のように5.0、5.1、6.0、6.1などを飛ばしていく。



 ◆ NX-OS : Long-Lived と Short-Livedの時間軸


  



Cisco Nexus - コンフィグ設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.