Cisco Nexus - QoS Part 2



 ◇ 以下のQoS解説は Cisco QoS Class-map / Policy-map / Service-policy の解説の続きとなります。


 ◆ ポリシータイプの詳細

 すでに3つのポリシータイプについて解説しましたが、以下ではそれらをコンフィグの観点で詳細に解説。

ポリシータイプ 機能説明
type qos


 ◇ type qos - L2/L3/L4の値に基づきトラフィックを分類しシステムクラスにマッピング。

 【 class-map 】 : このクラスに一致するトラフィックは以下の通り。
 ・ ACL / CoS値 / DSCP値 / ToS値 / IPv4/IPv6プロトコルフィールド
 ・ リアルタイムアプリで使用されるポート番号

 【 policy-map 】 : 一致したトラフィックで実行されるアクション
 ・ QoSグループ ( qos-group )
 ・ Precedence/DSCPマーキング
 ※ class-mapのトラフィックがマッピングされるシステムクラスに対応するqos-groupを指定。


 
【 type qosの適用場所 】 : ingressインターフェース / system qos

type queuing


 ◇ type queuing - システムクラスに関連付けられた"キュー"のスケジューリングを定義。

 【 class-map 】 : このクラスに一致するトラフィックは以下の通り。
 ・ QoSグループ ( qos-group )

 【 policy-map 】 : 一致したトラフィックで実行されるアクション
 ・ 帯域幅 : 保障されるスケジューリング DWRRの割合(%)をシステムクラスに設定
 ・ プライオリティ : 特定のシステムクラスを完全プライオリティスケジューリング用に設定


 【 type queuingの適用場所 】 : egressインターフェース / system qos / ingressインターフェース

type network-qos


 ◇ type network-qos - システムクラスをインスタンス化し、
 システム全体のスコープを持つそれらのクラスにパラメータを関連づける。

 【 class-map 】 : このクラスに一致するトラフィックは以下の通り。
 ・ QoSグループ ( qos-group )

 【 policy-map 】 : 一致したトラフィックで実行されるアクション
 ・ MTU : システムクラスにマッピングされたトラフィックに適用する必要のあるMTU。
 ・ マルチキャスト最適化 :
 (このクラスにマッピングされているマルチキャストトラフィックのパフォーマンスを最適化する際に指定)
 ・ pause no-drop : システムクラスのロスレスサービスの指定
 ・ キュー制限 : このシステムクラスのキューに確保する必要があるバッファ数の指定。
 ・ CoSマーキング : システムクラスにマッピングされたトラフィックに802.1p値をマークする時に使用。

 【 type network-qosの適用場所 】 : system qos のみ



 ◆ 信頼境界

 デフォルトでは全てのEthernetインターフェースはTRSUT状態にあります。従って、着信インターフェースに
 マーキングが設定されていない場合、Nexusのポートに着信したフレームのCoS値とDSCP値は保持されます。
 また、キューイングするデフォルトのCoSやキューマッピングするDSCPはないので、デフォルトではユーザが
 定義したポリシーがない場合、全てのEthernetトラフィックはデフォルトキュー(class-default)に割り当て。



 ◆ 出力キューイングポリシー

 Nexus5548では、ユニキャスト用に8つのハードウェアキューを備えています。この8つにはCPUに転送される
 制御トラフィックは制御トラフィックキュー(ユーザ設定でアクセスできない特別キュー)が含まれています。
 また、完全プライオリティキューを設定した場合、制御トラフィックキューを除きその他のキューより優先処理。

 それゆえに、
「イーサネットインターフェイスごとに最大6つのキュー(システムクラスごとに1つ)をサポート
 する」と説明がされています。



 ◆ バッファとキュー制限

 N5500では、ポートごとのパケットバッファは640KBありポートごとに次のデフォルトバッファ割当となる。
 各ユーザ作成 qos-group に割り当てられる入力バッファに加えてqos-group ごとに出力で必要になる追加の
 28.6KBのバッファがある。新しいqos-group を作成するとそのためのバッファがclass-defaultから削除される。

トラフィッククラス 入力バッファサイズ(KB)
Class-fcoe 79.360
MTUが2240未満のユーザ定義のno-dropクラス 79.360
MTUが2240以上のユーザ定義のno-dropクラス 90.204
テールドロップのトラフィッククラス 22.720
Class-default 残りの全てのバッファ(デフォルト470)


 N5KプラットフォームのデフォルトQoSポリシーは、class-fcoeを作成せずFCoEトラフィック用にバッファとqos-groupを予約しない。
 show queuing interface コマンドは、各 qos-group に割り当てられた設定済みの qos-group および入力バッファを表示する。
 network-qos policy-map からuser-created qos-group に使用可能な入力バッファスペースを増やすにはqueue-limitコマンドを使用。



Cisco Nexus - コンフィグ設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.