Cisco Nexus - QoS Command 2



 以下のQoSコマンドの解説は、Cisco Nexus QoS Command 2 の解説の続きです。内容が続いています。


 ◆ NX-OS - Policy-map の設定 (マーキングの設定)

 DSCPとIP Precendenceのマーキングは"type qos"ポリシーで定義し、CoSのマーキングは"type network-qos"ポリシーで定義する。

 
◆ type qosポリシーの設定 - DSCPマーキング
 (config)# policy-map type qos policy-name
 (config-pmap-qos)#
class type qos class-name
 (config-pmap-c-qos)#
set dscp dscp-value
 (config-pmap-c-qos)#
set qos-group qos-group-value

 
※ class-default のシステム クラス(qos-group 0)トラフィックは DSCP でマークを付けることができません。


 
◆ type qosポリシーの設定 - IP Precedenceマーキング
 (config)# policy-map type qos policy-name
 (config-pmap-qos)#
class type qos class-name
 (config-pmap-c-qos)#
set precedence precedence-value
 (config-pmap-c-qos)#
set qos-group qos-group-value

 
※ IP precedenceとDSCPのいずれかの値は設定できますが、IPパケットの同じフィールドを変更するため両方の値は設定できない。


 
Nexus(confg)# policy-map type qos P-GROUP-QOS
 Nexus(config-pmap-qos)# class type qos C-GROUP1-QOS
 Nexus(config-pmap-c-qos)# set dscp 46
 
Nexus(config-pmap-c-qos)# set qos-group 2



 ◆ type network-qos ポリシーの設定 - CoSマーキング
 (config)# policy-map type network-qos policy-name
 (config-pmap-nq)#
class type network-qos class-name
 (config-pmap-c-nq)# set cos cos-value

 
type network-qosポリシーは、system qos の結合時にだけ設定できて、特定のシステムクラス用にスイッチ全体に適用される。


 Nexus(confg)# policy-map type network-qos P-GROUP-NQ
 Nexus(config-pmap-nq)# class type network-qos C-GROUP1-NQ
 Nexus(config-pmap-c-nq)# set cos 5


 ※ 上記コマンドの前提はどのqos-groupを照合するのかを定義したnetwork-qosのclass-mapを設定していること。以下が設定例。

 Nexus(confg)# class-map type network-qos C-GROUP1-NQ
 Nexus(config-cmap-qos)# match qos-group 3




 ◆ L3ルーティング用のQoS設定

 L3モジュールを使用する場合、全トラフィックをCoS値でマーキングする必要があり以下のために利用する。

 @ L3 ASIC宛からのトラフィックをQueueする
 A L3 処理後にqos-group を再構成

 なお、入力UPCで決定した内部のqos-group情報はL3ASICでは維持されないがタグ付けされたCoS値は維持。
 ルーティング後のCoSをqueueに割り当てるためにCoS値にマッチするクラス定義をするClass-mapも必要です。

 (config)#
policy-map type network-qos policy-name
 (config-pmap-nq)#
class type network-qos class-name
 (config-pmap-c-nq)# set cos cos-value

 
type network-qosポリシーは、system qos の結合時にだけ設定できて、特定のシステムクラス用にスイッチ全体に適用されます。


 
Nexus(confg)# policy-map type network-qos P-GROUP1-NQ
 Nexus(config-pmap-nq)# class type network-qos C-GROUP1-NQ
 Nexus(config-pmap-c-nq)# set cos 3

 Nexus(config-pmap-nq)# class type network-qos C-GROUP2-NQ
 Nexus(config-pmap-c-nq)# set cos 5


 
※ 上記コマンドの前提は、どのqos-groupを照合するのかを定義したnetwork-qosのclass-mapを設定していること。以下が設定例。

 Nexus(confg)# class-map type network-qos C-GROUP1-NQ
 Nexus(config-cmap-qos)# match qos-group 3

 Nexus(confg)# class-map type network-qos C-GROUP2-NQ
 Nexus(config-cmap-qos)# match qos-group 4



 ◆ インターフェースのサービスポリシーの設定

 (config)#
interface ethernet slot/port
 (config-if)#
no switchport ( L3インターフェースの場合 )
 (config-if)#
service-policy type qos | queuing [ input | output ] policy-name


 
Nexus(confg)# interface ethernet 1/1
 Nexus(config-if)# service-policy type qos intput P-GROUP-QOS



 
Nexus(confg)# interface ethernet 1/2
 Nexus(config-if)# service-policy type queuing output P-GROUP-QUE



 ◆ システムへのサービスポリシーの追加設定

 (config)#
system qos ← システムクラス コンフィグレーションモードの開始
 (config-if)#
service-policy type network-qos | qos | queuing [ input | output ] policy-name


 Nexus(confg)# class-map type network-qos C-GROUP1-NQ
 Nexus(config-cmap-qos)# match qos-group 3
 Nexus(confg)# class-map type network-qos C-GROUP2-NQ
 Nexus(config-cmap-qos)# match qos-group 4

 Nexus(confg)# policy-map type network-qos P-GROUP-NQ
 Nexus(config-pmap-nq)# class type network-qos C-GROUP1-NQ
 
Nexus(config-pmap-nq)# class type network-qos C-GROUP2-NQ

 Nexus(confg)# system qos
 Nexus(config-sys-qos)# service-policy type network-qos P-GROUP-NQ

 上記コマンドのようにシステムクラスへのアクションが何も設定されてない場合、デフォルトのnetwok-qosパラメータが適用される。

network-qosパラメータ デフォルトで適用される値
Class TYpe Drop Class
MTU 1538
Ingress Buffer Size 20.4KB
Marking マーキングなし


 例えば10Gポートを持つサーバの通信要件によって、ジャンボフレームを転送するためにMTUを9000以上に
 したい場合の設定例は以下となります。

 policy-map type network-qos JUMBO
  class type network-qos class-default
   mtu 9216

 system qos
  sercice-policy type network-qos JUMBO

 なお、L3インターフェースの場合、物理I/FやSVIに対して変更を行えます。設定が完了した後には、
 
show queuing interfaceで確認しましょう。


 
The Cisco Nexus device switch does not fragment frames. As a result, the switch cannot have two ports in the same
 Layer 2 domain with different maximum transmission units (MTUs). A per-physical Ethernet interface MTU is not supported.
 Instead, the MTU is set according to the QoS classes. You modify the MTU by setting class and policy maps.



Cisco Nexus - コンフィグ設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.