Cisco Nexus - Config-Sync



 ◆ Nexus - Config-Syncの設定

 Nexus5500ではvPC用の設定同期を行うことができます。管理者が1つのスイッチを設定変更した際に
 自動的にピアスイッチにその設定が同期されるので、運用上の設定漏れなどを防ぐことができます。
 また、FEX接続させた構成では設定量が多くなるが、このConfig-Syncにより、運用者の負荷を軽減。

 
◇ N5K-1 のコンフィグ

 config terminal
  cfs ipv4 distribute
  end

 config sync
  switch-profile MYSYNC
   sync-peers destination 192.168.0.2


 ◇ N5K-2 のコンフィグ

 config terminal
  cfs ipv4 distribute
  end

 config sync
  switch-profile MYSYNC
   sync-peers destination 192.168.0.1

 ◇ 設定同期のためのsync-peersは、MGMTインターフェースを利用します。
 ◇ 設定完了後、show switch-profile MYSYNC statusでステータスを確認しよう。
 ◇ cfs ipv4 distributeコマンドは、スイッチのIPv4上のCFS配信をイネーブルにする設定です。


 設定変更する際には、1号機または2号機で以下の通り、config syncコマンドを入力してコンフィグモードへ
 移行しプロファイル(例:
MYSYNC)を指定します。その上で設定変更を行い、最後にverifyコマンドにて
 Successfulの表示がでることを確認して、commitを入力します。これにより、設定が両方に書き込まれます。

 ◇ N5K-1 での設定例


 config sync
  switch-profile MYSYNC

 interface ethernet 101/1/1
  switchport mode access
  switchport access vlan 101
  spanning-tree port type edge

  verify
  commit
  end



 ◇ Nexus - Config-Syncの注意点 1

 Config-Syncにより、VLAN/STP/ACL/QoS/I/Fレベルの設定は同期されますが、featureコマンドによる
 サービス有効化の設定やvPC関連の設定は同期されません。※FCoE関連のコンフィグも同期されません。


 ◇ Nexus - Config-Syncの注意点 2

 config-syncモードで設定投入後、
verifyコマンドで"successful"状態になれば、commitコマンドにより
 設定を反映させることができます。verifyコマンドにより"failed"になればその設定に不整合がある可能性
 が高いので設定を見直しましょう。よくある問題としては、I/FにVLANを割り当てる際に、そのI/Fにすでに
 設定がある場合、NX-OSのバージョンによって"failed"となるので、既存のI/F設定を削除する必要がある。


 ◇ Nexus - Config-Syncの注意点 3

 FEXをConfig-Syncによる設定変更で運用を行っていくことを考えている場合、FEXにコンフィグを投入する
 最初の段階から、Config-Syncコマンドで設定を行っている必要があります。(バージョンによる。要検証)


 ◇ Nexus - Config-Syncの注意点 4

 同期したコンフィグは片側だけでは削除できません。片側だけで削除しようとすると以下のメッセージが
 出力されます。これはペアスイッチとのシンメトリーを維持する観点から、そのような仕様となっています。
 ⇒ 
Error: Command is not mutually exclusive
 どうしても片側だけで削除したい場合は、一度、config syncの"switch-profile"を削除する必要があります。



 ◆ 参考 : Nexus ⇔ Catalyst3750X間の物理接続

 Cisco製の10Gケーブルには、SFPとケーブルの一体型である
SFP-H10GB-CUxM という製品があります。
 この製品は非常に安く、Cisco製品同士の10G接続でよく使用されます。Nexus同士の10G接続においては
 イメージしやすいですが例えばNexusとC3750Xとの接続ではどのような物理接続になるのか紹介します。

 下図のパターン1を見てみます。Nexus側ではSFP-H10GB-CUxMを直接接続すればよいだけとなります。
 C3750X側では10Gケーブルを直接接続できるI/Fは標準ではなく、C3KX-NM-10Gなどの10Gモジュールが
 別途必要になります。Flexible NetFlowを使用する場合はC3KX-SM-10Gモジュールにする必要があります。


  




 続いて、下図のパターン2を見てみましょう。SFP-H10GB-CUxMは、SFPとケーブルの一体型で非常に便利で
 安く最高なのですが、距離制限がありCUは最大5メートル、ACUは最大10メートル。

 SFP-H10GB-CU1M
 SFP-H10GB-CU3M
 SFP-H10GB-CU5M
 SFP-H10GB-ACU7M
 SFP-H10GB-ACU10M

 従って、10メートル以上の距離がある場合は、下図のようにSFP-10G-SRのモジュールを使用して、別途
 光ファイバーを用意して接続を行う。上記のSFP-H10GBの10Gケーブルの機器互換性についてはこちら
 Ciscoサイトで必ず確認しましょう。なお、Cisco製品と非Cisco製品とを接続する場合、メーカーサポート
 という観点から、SFP-10GBの上記の型番は使用できないのでSFP-10G-SR等を使用する必要があります。


    



Cisco Nexus - コンフィグ設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.