Cisco Nexus - FEX Status



 ◆ Nexus - FEX接続手順

 先ず、FEX(Nexus2000シリーズ)に電源ケーブルを接続して電源を投入します。FEXの前面の"STAT"が
 グリーンになることを確認します。次に、親となるNexus7000やNexus5000シリーズが完全に起動状態で
 あることを確認して、SFP-H10GB-CUxMなどのSFP一体型のケーブルを使用して相互に接続を行います。



 ◆ Nexus - FEX接続時の遷移

 FEXを接続する時、親となるNexusスイッチとFEX間は以下の遷移をしながら自動的に接続が完了します。
 以下の遷移は、show fexコマンドの"FEX State"という部分で確認できます。これらの概要は以下の通り。

 @ Connected → A Image Download → B Offline → C Online

FEX State 説明
 Connected  FEXが物理的に接続したことを検知した状態。
 Image Download  親スイッチとFEXのNX-OSが異なる場合、NX-OSを親からダウンロードしている状態。
 Offline  親スイッチからNX-OSのダウンロード完了後、一度オフライン状態になる。
 Online  親スイッチとFEXとが完全に接続完了できた状態。この状態で通信できるようになる。


 ◆ Nexus - FEX接続時の遷移 - 詳細

 このFEXは一度もNexus5548に接続していない事を前提とします。FEX番号は"102"と設定しています。

 @ Connected
 最初の遷移状態です。リンクアップすれば"Connected"状態になります。この状態は比較的短いです。

 



 show fex ではなく show fex detail と入力すれば詳細なステータスを確認できます。この"Connected"
 状態においては、"Logs:"には何も表示されないことが分かります。

 



 A Image Download
 親スイッチとFEXのNX-OSが異なる場合、この遷移となりますがFEXに初期で導入されているNX-OSは
 古いバージョンが多く、新規導入機器をFEX接続する場合は必ずこの"Image Download"は行われます。
 この"Image Download"状態は非常に長い(10分くらい)です。注意点としてこの状態の時はFEXの電源
 をOFFにしたり、アップリンクケーブルを抜かないようにしましょう。

 


 show fex detailでは、FEXバージョンと親スイッチ(Nexus5548)とのバージョンの違いが分かります。
 そして、親スイッチとバージョンを6.0(2).xに合わせるべく、FEXは親スイッチから、NX-OSをダウンロード
 しています。"Image Download"では、"Logs:"に以下の4行のログが出力されていることが分かります。

 


 B Offline
 親スイッチからのNX-OSのダウンロードが完了すると、"Offline"状態に移行します。

 


 



 C Online
 最終状態です。"Online"状態になればFEX配下のホストが通信できるようになります。

 


 親スイッチとFEXと同じバージョンになったことが分かります。FEXが認識されて、FEXの各ポートが
 利用できるようになったことが分かります。

 

 


 FEXがOnline状態になると以下のメッセージが最後にコンソール上に表示されます。

 
2014 Apr 30 13:49:24 Nexus5548 %$ VDC-1 %$ %PFMA-2-FEX_STATUS: Fex 102 is online (Serial number XXXXXXXXXX)
 2014 Apr 30 13:49:24 Nexus5548 %$ VDC-1 %$ %NOHMS-2-NOHMS_ENV_FEX_ONLINE: FEX-102 On-line
 2014 Apr 30 13:49:27 Nexus5548 %$ VDC-1 %$ %PFMA-2-FEX_STATUS: Fex 102 is online (Serial number XXXXXXXXXX)

 FEX接続の2回目以降のシーケンスは@ Connected → A Online sequence → B Online だけとなります。



Cisco Nexus - コンフィグ設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.