Cisco Nexus - QoS



 先に申しますとNexusのQoSは非常に難しいです。前提として、CiscoルータにおけるQoSを完全に理解し
 CatalystのQoSに精通していることが大切。また、英文マニュアルを熟読し、何度も検証することが重要。
 この記事では、Nexus5500シリーズにおけるQoSの解説を行います。FCoEの部分は詳細は解説しません。
 QoS技術に自信のない方は、事前に「QoSとはQoS - DiffServモデルの処理フロー」をご確認下さい。



 ◆ Nexus5500 - ハードウェアアーキテクチャ

 QoSの解説前に、ハードウェアのアーキテクチャについて解説します。下図は筐体内部のイメージ図です。
 ファブリックとしてUCF( Unified Crossbar Fabric )があり、そこにUPC(Unified Port Controller)が
 接続されてUPCは8つの物理ポートを束ねています。この物理ポートは1/10G EthernetなどのSFPやが接続。
 各UPC ASICはUCFで相互接続され、全てのポート間の通信はファブリックであるUCFを介し通信をします。


   



 ◆ Nexus5500 - Ingressキューイング

 Nexus5500のIngressキューイングでは、egressポートからトラフィックが送信可能な状態になるまで、
 そのパケットは、入力ポートのIngressバッファに保存されます。


  


 ◆ Nexus5500 - Virtual Output Queue

 入力ポートのキューについてさらに詳細に解説します。各入力ポートは各出力ポートに対し8つのキューを
 持っています。このキューのことを
Virtual Output Queueと言います。下図のように、送出していくポート
 が「1/11と1/12」である場合、入力ポートでは「1/11用と1/12用」の仮想的なoutputキューを持ちます。

  


 各入力ポートが各出力ポートに対して8VoQ(Virtual Output Queue)持つということは、物理ポートが32
 ポートあれば、1つの入力ポートごとに256 Ingress VoQを持つということです。また、先ほどの解説通り
 出力ポートのQueueに空きがでるまで入力ポートでバッファされます。また、例えば1/12ポートでQueue0
 の空きがない状態でも、1/11のポートでQueue0に空きがあれば、上図のように1/11にはパケットを送信。



 ◆ Nexus5500 - L2スイッチングのQoSプロセスフロー

 Nexus5500シリーズのL2スイッチングにおけるQoSプロセスフローです。次ページ以降これを詳細に解説。

  



 ここまでの解説は特に難しい内容はないかと思いますが、次ページ以降が理解するのに大変になってくる
 かと思います。しかしL2スイッチングのQoSでは結局は上図のQoSプロセスフローをイメージできていれば
 理解できるかと思うので、よく分からなくなった場合は上図を再度確認頂ければと思います。また、新しい
 用語として
qos-groupが出てきますがトラフィックの識別と定義するポリシーの設定時に使用する機能です。



Cisco Nexus - コンフィグ設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.