Cisco Clock Configuration



 ◆ Cisco機器の時刻設定

 CiscoルータやCatalystスイッチに時刻設定をするためには「
手動設定」「NTP」「SNTP」の3つの方法で
 設定することができます。どの方法で設定する場合でも、先ずタイムゾーンの設定を行う必要があります。
 シスコデバイスのタイムゾーンのデフォルトは
UTC(協定世界時)となっています。日本では JST ですが
 JST(日本標準時)はUTCよりも9時間進んでいるので、JST指定時に 9 時間の時差を指定して設定します。

 ◆ タイムゾーンの設定
 (config)#
clock timezone JST 9

 
※ 上記以外に「clock timezone JST +9」としても同じ結果となります。show runでは clock timezone JST 9 0 と表示されます。



 ◆ 手動設定:システムクロックの設定

 Cisco機器の現在の時刻はshow clockコマンドで確認することができます。show clockで表示された時刻を
 手動で変更するためには clock set コマンドを使用します。なお、この設定はシステム再起動時に消えます。

 
◆ システムクロックの設定
 #
clock set hh:mm:ss DATE MONTH YEAR

コマンド引数 説明
hh:mm:ss

 時:分:秒で時刻を指定

DATE

 1 〜 31の間で日付を指定

MONTH

 英語で月を指定。1月〜12月を英語で指定
 1月(Jan)2月(Feb)3月(Mar)4月(Apr)5月(May)6月(Jun)
 7月(Jul)8月(Aug)9月(Sep)10月(Oct)11月(Nov)12月(Dec)

YEAR

 西暦で指定。2020年7月24日15時20分と手動設定する場合は以下の通りに設定

 (config-if)# clock set 15:20:00 24 Jul 2020



 ◆ 手動設定:ハードウェアクロックの設定

 Ciscoデバイスには2つの時計があります。1つは先ほど紹介した
システムクロックであり、メモリ上で動作
 する時計です。もう1つは
ハードウェアクロックです。多くのシスコデバイスには、バッテリ駆動式による
 カレンダシステムが内蔵されており、システム再起動時には、システムクロックを初期化するために、この
 カレンダシステムが使用されます。ハードウェアクロックは
show calendar コマンドにより確認できます。

 ◆ ハードウェアクロックの設定
 #
calender set hh:mm:ss DATE MONTH YEAR


 システムクロックとハードウェアクロックは同期していないため、システムクロックの方がより正確な時刻
 である場合、システムクロックの時刻情報をハードウェアクロックの時刻情報に同期させることが可能です。

 
◆ システムクロックの時刻情報をハードウェアクロックの時刻情報に同期
 #
clock update-calendar


 以上が時刻の手動設定です。時刻情報を得るために、一般的には手動設定ではなく「NTP」を使用します。




 ◆ 付録:サマータイムゾーンの設定

 日本はサマータイムが導入されていないため、ここで紹介する設定は日本での導入機器には使用されません。

 ◆ サマータイムの設定
 
(config)# clock summer-time timezone recurring week day month hh:mm week day month hh:mm offset

コマンド引数 説明
timezone

 タイムゾーンを指定。JSTなど。

recurring

 毎年繰り返すための設定。

week day month
hh:mm

 サマータイムの開始時期。

week day month
hh:mm

 サマータイムの終了時期。

offset

 サマータイム期間で何分間の時間を遅らせる(追加する)かを指定。デフォルトで60分間。
 以下は、サマータイムが2020年8月1日6時に開始して、2020年9月31日6時に終了するための設定

 (config)#
clock summer-time JST date 1 Aug 2020 9:00 31 Sep 2020 9:00




ネットワーク管理の技術

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.