OSPF - sh ip protocols / sh ip ospf / sh ip ospf interface



 ◆ OSPF - ステータス確認方法

 下図設定を前提に、この状態のOSPF関連のshowコマンドのステータス確認方法を紹介します。


   



 ◆ OSPF - show ip protocols

 現在起動中のルーティングプロトコルのステータスは、show ip protocols で確認することができます。

     

項番 説明
@  起動しているルーティングプロトコルがOSPFのプロセス 1 であることを表示。
A

 このルータのルータIDが 1.1.1.1 であることを表示。

B

 このルータの所属するエリアは1つで標準エリアに接続していることを表示。スタブエリア、NSSAエリアには所属なし。

C  同じコスト値のパス(経路)を保持できる最大数を表示。デフォルトでは等コストロードバランシングは 4 つまで可能。
D  OSPFコンフィグレーションで、定義したnetworkコマンドの情報を表示。
E  コスト計算式の分子の値。デフォルトで計算式の分子は100Mbps。
F  エリア内でLSAを交換しているルータの情報を表示。IOSバージョンにより自身のルータIDも表示される。
G  このルータのAD値。OSPFのアドミニストレーティブディスタンスはデフォルトで110


 ◆ OSPF - show ip ospf

 OSPFプロセスの全般的な情報は show ip ospf コマンドで確認できます。show ip ospf コマンドにより
 「自身のプロセスID、ルータID、所属エリア、認証の有無、SPF計算数、LSAの数」 情報を確認できます。

    

項番 説明
@  起動しているルーティングプロトコルがOSPFのプロセス 1 であることを表示。
A

 このルータの所属するエリアは1つで標準エリアに接続していることを表示。スタブエリア、NSSAエリアには所属なし。

B  エリア 0 に関する情報を表示する見出し。
C  エリア 0 に所属しているこのルータのインターフェースの数。
D  エリア認証の有無。no authentication = 認証なし
E  SPFアルゴリズムの実行回数。




 ◆ OSPF - show ip ospf interface

 インターフェースごとのOSPFの動作状況は show ip ospf interface コマンドで確認することができます。
 インターフェースの所属エリア、ネットワークタイプ、コスト値、Hello/Deadタイマー間隔を確認できます。
 例えば Fa 1 のOSPFの動作状況を確認したい場合は、show ip ospf interface FastEthernet 1と入力します。

   

項番 説明
@  このインターフェースのIPアドレスと、インターフェースの所属エリア。
A

 このルータのOSPFプロセスID、ルータID、このインターフェースのネットワークタイプとコスト値。
 ネットワークタイプが「ブロードキャストマルチアクセス」の場合、「
BROADCAST」と表示される。
 ネットワークタイプが「ポイントツーポイント」の場合、「
POINT_TO_POINT 」と表示される。

B  このインターフェースのOSPFプライオリティ値およびDR/BDR/DROTHERなのかを示す。
C  このインターフェースのセグメント上のDRのルータIDとIPアドレス。
D  このインターフェースのセグメント上のBDRのルータIDとIPアドレス。
E  このインターフェースのHelloタイマー、Deadタイマー、Waitタイマー、Retransmitタイマー。
F  このインターフェースのセグメントにおけるネイバー関係の数、アジャセンシ―関係の数。
G  アジャセンシー関係が確立されたネイバールータのルータIDと、ネイバールータがDRであることの情報。



OSPF 設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2020 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.