debug ip ospf events / ip ospf packet / ip ospf adj



 ◆ OSPF - debug 確認方法

 下図設定を前提に、この状態のOSPF関連のshowコマンドのステータス確認方法を紹介します。なお、
 debugコマンドは負荷が高いため、構築時を除き実際の企業用ネットワークでは使用してはいけません。


  



 ◆ OSPF - debug ip ospf events

 debug ip ospf eventsコマンドにより、OSPFルータの
OSPFパケットの送信、受信の状態を確認できます。
 例えばOSPFのネイバーが確立しない場合に、隣接ルータからOSPFパケットが受信しているのかどうかを
 確認したり、隣接ルータへOSPFパケットを送信しているのかどうかを確認することができます。
 ※ debugコマンドを実行した後にはundebug all と入力して
debugの無効化を忘れないようにしましょう。

 

項番 説明
@  エリア 0 の 192.168.1.1 のOSPFルータから、FastEthernet 1 から Helloパケット (224.0.0.5) を送信。
A

 エリア 0 の ルータ ID (2.2.2.2) のOSPFルータから、FastEthernet 1 で Helloパケット (224.0.0.5) を受信。



 ◆ OSPF - debug ip ospf packet

 debug ip ospf packet コマンドにより、OSPFルータの
OSPFパケットの受信の詳細情報を確認できます。

    


 @はOSPFバージョン2、Helloパケット、パケット長48、ネイバールータID2.2.2.2、エリア0、認証なしの
 OSPFパケットをFastEthernet 1から受信していることを意味します。各フィールドの見方は以下の通りです。

debug ip ospf packet
フィールド
説明
v  OSPFのバージョン。2 がIPv4のOSPF。3 がIPv6のOSPF。
t  OSPFのパケットタイプ。1 がHello、2 がDBD、3 がLSR、4 がLSU、5 がLSAck。
l  OSPFのパケット長(バイト数)。
rid  OSPFのルータID。
aid  OSPFのエリアID。32ビットで表示。「 0.0.0.0 」 は 「 0 」 のこと。
chk  OSPFのチェックサム。
aut  OSPFの認証タイプ。0 が認証なし、1 がクリアテキスト、2 がMD5。
auk  OSPFの認証キー。
keyed  OSPF認証時のMD5のキーID。




 ◆ OSPF - debug ip ospf adj

 debug ip ospf adj コマンドにより、
隣接関係に関するOSPFパケットの送受信の詳細を確認できます。
 ここでは冒頭の構成図のR1のFastEthernet 1をリンクアップした際のR1とR2のネイバー関係の確立を
 R1にコンソール接続して確認します。

 

項番 説明
@  隣接ルータとHelloパケットを送受信しあって、2Way State へ移行。
A  2Way状態の後、DRとBDRの選定が完了。
B  Exstart Stateへ移行。
C  マスターとスレーブの関係を構築。
D  Exchange Stateへ移行し、LSUとLSRの送受信を行いLSDBの同期を行う。
E  同期が完了して、Full Stateへ。




 ◆ OSPF - よくあるOSPFデバッグメッセージ

 ◇ ネイバー接続の際のエラーメッセージ
 @ OSPF:
Mismatched hello parameters from 192.168.0.1
 ⇒ ネイバー接続するOSPFルータ同士のHelloタイマーが一致していないことで表示されるメッセージ。

 A OSPF-4-ERRRCV: Received invalid packet:
mismatch area ID, from backbone area must be・・
 ⇒ ネイバー接続するOSPFルータ同士のエリアIDが一致していないことで表示されるメッセージ。

 B OSPF: Rcv pkt from 192.168.0.1, GigabitEthernet0/0 :
Mismatch Authentication type
 ⇒ 認証タイプ ( ip ospf authentication ) が一致していないことで表示されるメッセージ。

 C OSPF: Rcv pkt from 192.168.0.1, Serial0 :
Mismatch Authentication Key
 ⇒ 認証キー ( ip ospf authentication-key ) パスワードが一致していないことで表示されるメッセージ。



OSPF 設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2020 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.