OSPF - maximum-paths



 ◆ OSPF - ロードバランシング

 OSPFでは、ある宛先ネットワークに対して等コストである場合、複数のパスをルーティングテーブルに格納
 してトラフィックのロードバランシングをすることができます。下図では172.16.4.0/24の宛先ネットワーク
 までR2経由、R3経由でも同じコスト値 2 になるため、ルーティングテーブルでは2つのパスが格納されます。


   



 OSPFではこのように同じコスト値の場合、デフォルトでは最大4つのパスがルーティングテーブルに格納され
 ますが、この最大値を変更することができます。最大で16までのパスをルーティングテーブルに格納できます。

 
◆ 等コストパスの最大数の設定
 (config-router)#
maximum-paths value

コマンド引数 説明
value


 ルーティングテーブルに格納する等コストパスの最大数を 1 〜 16 の範囲で指定。
 デフォルトの最大値「4」を、最大値「10」に変更する設定例は以下。

 (config)# router ospf 1
 (config-router)#
maximum-paths 10




OSPF 設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2020 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.