OSPF - LSA Type 4 / LSA Type 5 / LSA Type 7



 ◆ OSPF - LSAタイプ 4

 LSAタイプ4は、異なるエリアへフラッディングされます。LSAタイプ4はタイプ3同様にABRが生成します。
 このLSAには、
ASBRのルータIDASBRに到達するまでのメトリック値が含まれています。LSAタイプ4は
 OSPFネットワークに非OSPFネットワークが接続されて、ASBRが保持する経路情報をOSPFネットワークに
 ルート再配布した場合にそのエリアに所属するABRがLSAタイプ4を生成します。


   


 LSAタイプ4のLSAは、
show ip ospf database asbr-summary コマンドで確認することができます。


 ◆ OSPF - LSAタイプ 5

 LSAタイプ5( 外部LSA )は、AS全体にフラッディングされます。LSAタイプ5は、ASBRが生成します。
 
LSAには非OSPFネットワークアドレス、サブネットマスク、メトリック値、転送アドレスが含まれます。
 
このLSAは非OSPFネットワークのルート情報を再配布したASBRが生成します。ルーティングテーブルで
 LSAタイプ5の経路情報は、OSPF外部ルートを示す「
O E1」または「
O E2」のコードが付けられています。


    


 LSAタイプ5のLSAは、
show ip ospf database externalコマンドによって確認することができます。
 OSPF外部ルートを示す「O E1」と「O E2」の違いは以下の通りであり、メトリック値に影響します。
 メトリックタイプは、ASBRでルート再配布の設定をする際に、どちらかを指定することができます。

メトリックタイプ 説明
E1  OSPFネットワークのコスト値が、外部ルートのコスト値に加算されていく。
E2  OSPFネットワークのコスト値が、外部ルートのコスト値に加算されない。デフォルト値




 ◆ OSPF - LSAタイプ 7

 LSAタイプ7は、NSSA( スタブエリアにASBRが存在できる特別なエリア )へフラッディングされます。
 LSAタイプ7は、NSSAの
ASBRが生成します。このLSAにはLSA5と同様に非OSPFネットワークアドレス
 
サブネットマスクメトリック値転送アドレスが含まれます。
 このLSAは非OSPFネットワークのルート情報を再配布したASBRが生成します。ルーティングテーブルで
 LSAタイプ7の経路情報は、OSPF外部ルートを示す「O N1」または「O N2」のコードが付けられています。


    


 LSAタイプ7のLSAは、
show ip ospf database nssa-external コマンドで確認することができます。



OSPF 設定:応用

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.