OSPF - LSA Type 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7



 ◆ OSPF - LSAタイプ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 一覧

タイプ LSA名称 生成元 フラッディング範囲 LSAの内容
1 ルータLSA 全OSPFルータ LSAが発生したエリア内  ルータID、リンク数、リンクの種類、コスト値
2 ネットワークLSA DR LSAが発生したエリア内  DRのIPアドレス、セグメント上のルータID一覧
3 ネットワーク
集約LSA
ABR 全エリア
(スタブエリア、NSSAを除く)

 各エリアごとの経路情報、コスト値
 ※ 経路集約は手動で設定し通知する必要がある

4 ASBR集約LSA ABR AS全体
(スタブエリア、NSSAを除く)
 ABRが知っているASBRのルータID、コスト値
5 AS外部LSA ASBR AS全体
(スタブエリア、NSSAを除く)

 再配布した経路情報、コスト、ネクストホップ
 ※ 外部AS(非OSPFネットワーク)にある情報

7 NSSA外部LSA NSSAのASBR NSSA

 再配布した経路情報、コスト、ネクストホップ
 ※ 外部AS(非OSPFネットワーク)にある情報



タイプ LSA名称 Cisco IOS 確認コマンド ルーティングテーブルにおけるコード
1 ルータLSA  show ip ospf database router O
2 ネットワークLSA  show ip ospf database network O
3 ネットワーク集約LSA  show ip ospf database summary O IA
4 ASBR集約LSA  show ip ospf database asbr-summary O E1 / O E2
5 AS外部LSA  show ip ospf database external O E1 / O E2
7 NSSA外部LSA  show ip ospf database nssa-external O N1 / O N2



OSPF 設定:応用

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.