OSPF - Stub Area / Totally Stub Area Config



 ◆ OSPF - エリアの設定

 IOS設定は、スタブエリアは「stub」、トータリースタブエリアは「stub no-summary」、NSSAは「nssa」
 トータリーNSSAは「nssa no-summary」のコマンドを、該当エリアのすべてのOSPFルータに設定します。

エリアの種類 コンフィグ設定
バックボーンエリア


 (config-router)#
network address wildcard-mask area 0

標準エリア  (config-router)# network address wildcard-mask area area-id
スタブエリア


 (config-router)# network address wildcard-mask area area-id
 (config-router)#
area area-id stub

トータリースタブエリア


 (config-router)# network address wildcard-mask area area-id
 (config-router)#
area area-id stub no-summary

NSSA


 (config-router)# network address wildcard-mask area area-id
 (config-router)#
area area-id nssa [ default-information originate ]

トータリーNSSA


 (config-router)# network address wildcard-mask area area-id
 (config-router)#
area area-id nssa no-smmary



 ◆ OSPF - スタブエリアの設定例

 エリアをスタブエリアとするためには、そのエリア内に存在する
全てOSPFルータでスタブエリアの設定
 必要です。下図の場合、R2とR3でスタブエリアの設定が必要となります。


    

 ◆ スタブエリアの設定例

 R2(config)# router ospf 1
 R2(config-router)#network 192.168.1.252 0.0.0.0 area 10
 
R2(config-router)#area 10 stub


 R3(config)# router ospf 1
 R3(config-router)#network 192.168.1.253 0.0.0.0 area 10
 
R3(config-router)#area 10 stub


 上記コンフィグ設定により、ABRであるR2はLSAタイプ5のLSAを受信すると、自動的にデフォルトルートを
 エリア10にアドバタイズします。このデフォルトルートのコスト値はデフォルトでは「1」となっていますが
 このコスト値は、以下のコマンドで変更することができます。

 ◆ OSPF - スタブエリアにアドバタイズするデフォルトルートのコスト値の設定
 (config-router)#
area area-id default-cost cost



 ◆ OSPF - トータリースタブエリアの設定例

 トータリースタブエリアとするためには、そのエリア内のABRにのみstub no-summary」と設定して
 そのエリア内の他の全ての内部ルータは、スタブエリアの設定とします。


   

 ◆ トータリースタブエリアの設定例

 R2(config)# router ospf 1
 R2(config-router)#network 192.168.1.252 0.0.0.0 area 10
 
R2(config-router)#area 10 stub no-summary


 R3(config)# router ospf 1
 R3(config-router)#network 192.168.1.253 0.0.0.0 area 10
 
R3(config-router)#area 10 stub




OSPF 設定:応用

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.