OSPF - NSSA Area / Totally NSSA Config



 ◆ OSPF - NSSAの設定例

 エリアをNSSAとするためには、そのエリア内に存在する
全てOSPFルータでNSSAの設定が必要となります。
 下図の場合、R2、R3、R4でNSSAの設定が必要です。スタブエリアと考え方が異なる点として、NSSAでは
 ABR(下図 R2)はデフォルトルートを自動的にアドバタイズしないので、デフォルトルートを注入するには
 ABRにおいて、NSSAを設定する時に「
default-information originate」キーワードの設定が必要となります。


   

 ◆ NSSAの設定例

 R2(config)# router ospf 1
 R2(config-router)#network 192.168.1.252 0.0.0.0 area 10
 
R2(config-router)#area 10 nssa default-information originate


 R3(config)# router ospf 1
 R3(config-router)#network 192.168.1.253 0.0.0.0 area 10
 R3(config-router)#network 192.168.2.253 0.0.0.0 area 10
 
R3(config-router)#area 10 nssa


 R4(config)# router ospf 1
 R4(config-router)#network 192.168.2.254 0.0.0.0 area 10
 
R4(config-router)#area 10 nssa


 ABRによりアドバタイズされるデフォルトルートのコスト値を変更したい場合、以下の設定で変更できます。

 ◆ OSPF - NSSAにアドバタイズするデフォルトルートのコスト値の設定
 (config-router)#
area area-id default-cost cost


 ◆ OSPF - トータリーNSSAの設定

 トータリーNSSAとするためには、そのエリア内のABRにのみ「nssa no-summary」と設定して、エリア内の
 他の全ての内部ルータは、NSSAの設定とします。トータリーNSSAの場合は、NSSAとは異なりABRに対して
 デフォルトルートをアドバタイズするdefault-information originate」設定は不要で、自動的に配布します。


   

 ◆ トータリーNSSAの設定例

 R2(config)# router ospf 1
 R2(config-router)#network 192.168.1.252 0.0.0.0 area 10
 
R2(config-router)#area 10 nssa no-summary


 R3(config)# router ospf 1
 R3(config-router)#network 192.168.1.253 0.0.0.0 area 10
 R3(config-router)#network 192.168.2.253 0.0.0.0 area 10
 
R3(config-router)#area 10 nssa


 R4(config)# router ospf 1
 R4(config-router)#network 192.168.2.254 0.0.0.0 area 10
 
R4(config-router)#area 10 nssa




OSPF 設定:応用

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.