OSPF - Virutal-link Authentication



 ◆ OSPF認証 - 仮想リンクでの認証

 仮想リンクでOSPF認証を行うためには以下のコマンドで設定します。OSPFのインターフェース認証や
 エリア認証と同様に、認証タイプ(平文認証 or MD5認証)を選択して、認証パスワードを設定します。

 ◆ OSPF - 仮想リンク認証の有効化
 (config)#
router ospf process-id
 (config-router)# area area-id virtual-link authentication [ message-digest ]

コマンド引数 説明
area-id

 トランジットエリアのエリア番号を設定

message-digest  認証パスワードを指定( 大文字、小文字は区別される )



 
◆ OSPF - 仮想リンク用の認証パスワードの設定( 平文認証 )
 (config-router)#
area area-id virtual-link router-id authentication-key password

 ◆ OSPF - 仮想リンク用の認証パスワードの設定( MD5認証 )
 (config-router)#
area area-id virtual-link router-id message-digest-key key-id
md5 password

コマンド引数 説明
area-id

 トランジットエリアのエリア番号を設定

router-id  対向側のABRのルータIDを設定
key-id  キーIDを 1 〜 255 で指定
password  認証パスワードを指定( 大文字、小文字は区別される )



  



 ◆ OSPF - 仮想リンク認証の設定(平文認証の設定)

 R2(config)# router ospf 1
 R2(config-router)#area 10 virtual-link 4.4.4.4 authentication
 R2(config-router)#area 10 virtual-link 4.4.4.4 authentication-key CCIE123


 R4(config)# router ospf 1
 R4(config-router)#area 10 virtual-link 2.2.2.2 authentication
 R4(config-router)#area 10 virtual-link 2.2.2.2 authentication-key CCIE123




  


 ◆ OSPF - 仮想リンク認証の設定(MD5認証の設定)

 R2(config)# router ospf 1
 R2(config-router)#area 10 virtual-link 4.4.4.4 authentication message-digest
 R2(config-router)#area 10 virtual-link 4.4.4.4 message-digest-key 1 md5 CCIE456


 R2(config)# router ospf 1
 R2(config-router)#area 10 virtual-link 2.2.2.2 authentication message-digest
 R2(config-router)#area 10 virtual-link 2.2.2.2 message-digest-key 1 md5 CCIE456




 ◆ OSPF認証 - 仮想リンクでの認証 - エリア 0 のエリア認証に気をつけよう!

 エリア 0 のエリア認証には注意点があります。例えば下図の通りエリア 0 で平文認証の設定をするとします。


  


 
◆ OSPF - エリア認証の設定 Step1

 R4(config)# router ospf 1
 R4(config-router)#area 0 authentication

 R4(config)# interface GigabitEthernet0/1
 R4(config-if)#ip ospf authentication-key CCIE


 R5(config)# router ospf 1
 R5(config-router)#area 0 authentication

 R5(config)# interface GigabitEthernet0/1
 R5(config-if)#ip ospf authentication-key CCIE



 そうすると自動的に仮想リンクでも認証設定が有効化されます。つまり、仮想リンク経由でOSPFネイバーを
 確立するためには仮想リンク認証設定も必要になります。結果、下図を前提とすると以下の設定となります。


  



 R5の設定は変更ありません。R4の設定は仮想リンク接続のためのパスワード設定が必要となります。そして
 R2の設定ですが、area 0に所属していないにも関わらず
area 0 authentication の設定が必要となります。
 ※ R2の area 0 authentication を area 13 virtual-link 4.4.4.4 authentication と設定しても動作します。

 
◆ OSPF - エリア 0 認証の設定(平文認証の設定)

 R5(config)# router ospf 1
 R5(config-router)#area 0 authentication

 R5(config)# interface GigabitEthernet0/1
 R5(config-if)#ip ospf authentication-key CCIE


 R4(config)# router ospf 1
 R4(config-router)#area 0 authentication
 R4(config-router)#area 10 virtual-link 2.2.2.2 authentication-key CCIE

 R4(config)# interface GigabitEthernet0/1
 R4(config-if)#ip ospf authentication-key CCIE


 R2(config)# router ospf 1
 R2(config-router)#area 0 authentication
 R2(config-router)#area 10 virtual-link 4.4.4.4 authentication-key CCIE



 ◆ OSPF - エリア 0 認証の設定 Step2( MD5認証の設定 )

 R5(config)# router ospf 1
 R5(config-router)#area 0 authentication message-digest

 R5(config)# interface GigabitEthernet0/1
 R5(config-if)#ip ospf message-digest-key 1 md5 CCIE


 R4(config)# router ospf 1
 R4(config-router)#area 0 authentication message-digest
 R4(config-router)#area 10 virtual-link 2.2.2.2 message-digest-key 1 md5 CCIE

 R4(config)# interface GigabitEthernet0/1
 R4(config-if)#ip ospf message-digest-key 1 md5 CCIE


 R2(config)# router ospf 1
 R2(config-router)#area 0 authentication message-digest
 R2(config-router)#area 10 virtual-link 4.4.4.4 message-digest-key 1 md5 CCIE




OSPF 設定:応用

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.