OSPF - ip ospf mtu-ignore / loopback I/F route



 ◆ OSPFネイバーを確立させるための条件

 OSPFネイバーを正常に確立させるためには、以下の7つの項目を一致させる必要があります。

 @ エリアID
 A 認証 ( 認証が有効な場合 )
 B ネットワークマスク
 C Helloインターバル
 D Deadインターバル
 E スタブエリアフラグ ( オプション値 )
 F 隣接するI/FのMTUサイズ

 Fについて解説します。OSPFでは、OSPFネイバーがインターフェイスで同一のMTUを使用しているか
 どうかをチェックします。このチェックはDBDパケットの交換時に行われます。DBDパケットに受信した
 MTUが着信インターフェイスに設定されているIP MTUより高い場合、OSPFネイバーは確立されません。

 隣接関係形成のOSPF状態にはDown、Init、Attempt、2-way、Exstart、Exchange、Loading、Full が
 あります。OSPFネイバールータ間のMTU不一致が発生した場合、
Exstart/Exchangeのままとなります。
 sh ip ospf neighborでステータスを見てSTATEが「EXCNAGE/」や「EXSTART/」と表示されている場合
 MTUの不一致が発生しているので、その場合の回避策は以下の2点があります。

 @ OSPFネイバーのインターフェースでMTUサイズを合わせる
 A 受信するDBDパケットにおけるMTUサイズのミスマッチ検出を無視する(以下の設定コマンドです)

 ◆ OSPF - 受信DBDパケットにおけるMTUサイズのミスマッチ検出を無視
 (config)#
interface interface-id
 (config-if)# ip ospf mtu-ignore



 ◆ OSPF - loopback I/Fのネットワークを「/32」以外で通知する方法

 デフォルトで、OSPFではループバックI/Fはホストルートと見なされ、どのようなサブネットマスクとして
 設定していても「/32」として、OSPFではアドバタイズされます。例えば以下のように「/24」として設定
 した場合でも、OSPFでこのセグメントをアドバタイズする場合は「192.168.1.1/32」として通知されます。

 ◆ loopbackインターフェースの設定
 (config)#
interface loopback 1
 (config-if)#
ip address 192.168.1.1 255.255.255.0


 ループバックI/Fで設定した実際のサブネットマスクをアドバタイズするためには、ループバックI/F にて
 ip ospf network point-to-point コマンドを設定します。この設定により、OSPFでは「192.168.1.0/24」
 としてアドバタイズされることになります。

 
◆ loopbackインターフェースの設定 - OSPFで実際のサブネットとしてアドバタイズさせる設定
 (config)# interface loopback 1
 (config-if)# ip address 192.168.1.1 255.255.255.0
 (config-if)#
ip ospf network point-to-point



OSPF 設定:応用

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.