OSPF - DR / BDR / 2way



 ◆ OSPF - DRとBDR

 OSPFでは、イーサネットのようなマルチアクセスネットワークで
DR (Designated Router) と呼ばれる
 代表ルータと、
BDR (Backup Designated Router) と呼ばれるバックアップ代表ルータが選出されます。
 DR、BDRに選出されなかったOSPFルータは
DROTHERと呼ばれます。LANごとにDRとBDRを選出して、
 DR、BDRとだけの間でLSAを交換するようになることから
LSA を交換するネイバールータを減らせます。



     

 
※ どのOSPFルータもネイバー関係は確立されますが、上図の通り、LSAを交換するネイバーはDRとBDRだけになります。


 ◆ OSPF - DRとBDRの選出

 DRとBDRの選出には
OSPFプライオリティ値が使用されます。OSPFプライオリティ値はHelloパケットに
 含まれており、OSPFルータがHelloパケットを交換して2Way Stateになった後にDR/BDRが選出されます。
 DRとBDRの選出は
OSPFプライオリティ値が使用されます、その値が同じ場合にはルータIDを使用します。

 @ OSPFプライオリティ値が最も大きいルータがDRになる。
 A OSPFプライオリティ値が2番目に大きいルータがBDRになる。
 B OSPFプライオリティ値が同じ場合、ルータIDが最も大きいルータがDR、2番目に大きいルータがBDR。

 
※ OSPFプライオリティ値はデフォルトで 1 です。なお、OSPFプライオリティ値が 0 のOSPFルータは必ずDROTHERになります。

 下図の場合、R1とR2が最もプライオリティ値が高く同じ値ですが、R1とR2ではルータIDがR2の方が大きい
 のでR2がDRとなってR1がBDRとなります。DR/BDR選出後は、全てのOSPFルータはDROTHERとなります。


       



 DRとBDRは
セグメントごとに選出されます。OSPFプライオリティ値はインターフェースごとに設定するので
 あるOSPFルータはセグメント1ではDRとなっても、セグメント2ではDROTHERになっている場合もあります。


     



 ◆ OSPF - DRとBDRの動作


  

項番 説明
@

 R1 のインターフェースでネットワーク(192.168.1.0/24)にダウンが発生したことを検知。

A

 R1 は、192.168.1.0/24 のLSAを更新したLSUを、セグメント1 のDR/BDRへマルチキャスト(224.0.0.6)で送信。

B

 LSUを受信したDR(R3)は、セグメント1 の全OSPFルータへマルチキャスト(224.0.0.5)で送信。

C  このフラッディングされたLSAをエリア内に伝搬するために、R3 はセグメント2のDR/BDRへ(224.0.0.6)で送信。


 C以降は同一エリアの範囲内でA〜Cの流れが繰り返されます。なお、AのLSUをセグメント1のBDRである
 R4が受信した後、Waitタイマーをセットした上で、DR(R3)からも同じLSUが送信されてくるのを待ちます。
 このWaitタイマーが切れるまでにLSUを受信できない場合、DRがダウンしたと判断しBDRがDRへ昇格します。




 ◆ OSPF - ネイバー関係、アジャセンシ―関係( 用語のまとめ )

 OSPFの使用用語において、隣り合い接続するルータの関係のことを、近接接続、隣接接続、ネイバー接続、
 アジャセンシと色々な呼び方をしたり、Full State、2Wayなどがありますが実際には
2種類の概念だけです。
 マルチアクセスネットワークでDR/BDR間とは
アジャセンシーを確立し、DROTHER間ではネイバーを確立。


    
 
OSPFルータ間の関係 ステータス 説明
Neighbor(ネイバー) 2Way ただネイバー接続しているOSPFルータ同士の関係
Adjacency(アジャセンシ―) Full LSAを交換し合うOSPFルータ同士の関係



OSPF 設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.