redistribute command 1



 ◆ ルート再配布の設定

 ルート再配布はredistributeコマンドで、ルーティングプロトコルの境界に位置するルータで設定します。

 ◆ ルート再配布の設定
 (config)# router routing-protocol1
 (config-router)# redistribute routing-protocol2

コマンド引数 説明
routing-protocol1

 再配布先のルーティングプロトコルを指定

routing-protocol2  再配布元のルーティングプロトコルを指定


 下図のように、OSPFの経路情報をEIGRPのルートとしてアドバタイズするためには、再配布先はEIGRPで
 再配布元はOSPFであることから、設定としては以下のようになります。


    



 ◆ OSPFで学習した経路情報を、EIGRPへ再配布する設定例

 R2(config)# router eigrp 1
 R2(config-router)# redistribute ospf 1
 R2(config-router)# default-metric 1000000 1 255 1 1500


 ルーティングプロトコルによって使用するメトリック値は異なります。OSPFの場合にはコスト値ですが、
 EIGRPの場合は複合メトリック値となります。再配布をする場合、再配布先のルーティングプロトコルに
 合わせて経路情報に含まれるメトリック値の再定義が必要です。今回の設定はOSPFで学習した経路情報を
 EIGRPのルートとして再配布するので、再配布時に適用されるEIGRPのメトリック値を設定しています。

 
◆ EIGRPへ再配布する際のシードメトリック値の設定
 (config-router)#
default-metric bandwidth delay reliability load mtu

コマンド引数 説明
bandwidth

 帯域幅の値を指定( kbps単位で指定 )。1Gbpsの場合は 1000000。

delay  遅延の値を指定 ( 10マイクロ秒単位で指定 )。10マイクロ秒の場合は 1 。
reliability  信頼性の値を指定。0 の場合は信頼性なし。255は信頼性が100%。
load  リンクの負荷の値を指定。1が最も負荷がなく、255が最も高負荷状態。
mtu  MTUのサイズ。


 上図では、OSPFで学習したルートをEIGRPのルートとして再配布しましたが、ルーティングテーブルが
 示している通り、OSPFネットワークではEIGRP側のルートを学習できていないため、双方向で通信する
 ことができません。そこで、EIGRPで学習したルートをOSPFのルートとして再配布する必要があります。


    


 ◆ EIGRPで学習した経路情報を、OSPFへ再配布する設定例

 R2(config)# router ospf 1
 R2(config-router)# redistribute eigrp 1 subnets
 R2(config-router)# default-metric 1


 再配布をする場合は、再配布先のルーティングプロトコルに合わせて経路情報に含まれるメトリック値の
 再定義が必要となります。今回の設定は、EIGRPで学習した経路情報をOSPFのルートとして再配布する
 ので、再配布時に適用されるOSPFのコスト値を設定しています。OSPFの場合、デフォルトメトリックの
 デフォルト値(20)が存在するので default-metirc の設定は必須ではありません。

 OSPFへの再配布時に redistribute コマンドで「
subnets」オプションを追加すると、サブネット化された
 ルートもアドバタイズされます。「subnets」オプションを付けていない場合、クラスフルネットワークの
 ネットワークしか再配布されないので注意しましょう。本構成では指定しても、しなくても問題ないです。



 ◆ シードメトリックとは

 再配布によって、別のルーティングプロトコルへアドバタイズする際に再定義される最初のメトリックを
 
シードメトリックと言います。シードメトリックの設定方法は、以下の2つがあります。default-metric
 コマンドでは、全ての再配布元のプロトコルに
共通して適用します。redistribute 〜 metricコマンドでは
 再配布元のプロトコルごとにシードメトリックを
個別に適用することができます。両方設定している場合
 default-metricコマンドで設定した値より、redistribute 〜 metricコマンドで設定した値が優先されます。

 ◆ シードメトリックの設定( 全ての再配布元のプロトコルに共通して適用 )
 (config-router)#
default-metric value

 
◆ シードメトリックの設定( 再配布元のプロトコルごとに個別に適用 )
 (config-router)#
redistribute protocol metric value


 シードメトリックを設定しない場合、以下のデフォルト値が適用されます。つまりRIPとEIGRPの場合は
 必ずシードメトリックを設定する必要があります。

再配布先のプロトコル デフォルト値
 RIP  無限大( つまり、無効なルートとみなされるためシードメトリックの設定が必須 )
 EIGRP  無限大( つまり、無効なルートとみなされるためシードメトリックの設定が必須 )
 OSPF  IGP(RIP、EIGRP、OSPFなど)からの再配送は 20 。BGPからの再配送は 1
 BGP  IGP(RIP、EIGRP、OSPFなど)からのメトリック値をそのまま保持



ルート再配布とルート制御( redistribute、distribute-list、route-map、distance )

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.