distribute-list prefix in / out



 ◆ distribute-list prefix in / out コマンド

 distribute-listでは、フィルタリング対象のルートをACLで指定していましたが、このページで解説する
 distribute-list prefixでは、フィルタリング対象のルートを「
プレフィックスリスト」で指定できます。
 プレフィックスリストでは、対象ルートを「ネットワークアドレス/プレフィックス長」で指定できます。
 distribute-listコマンドの動作自体は同じであり、相違点はACL指定なのか、prefix指定なのかだけです。

 ◆ distribute-list prefix - インターフェースで送受信するルートのフィルタリング
 (config)# router protocol
 (config-router)# distribute-list prefix name in | out [ interface-id ]

コマンド引数 説明
protocol

 ルートフィルタリングを行う対象となるルーティングプロトコルの指定

name  対象ルートを指定したプレフィックス名
in

 受信するルートに対して適用

out  送信するルートに対して適用
interface-id  ルートフィルタリングを適用するI/Fの指定( 指定しない場合は全てのI/Fに適用される )



   


 ◆ distribute-list prefix-list 設定例 その1


 R1(config)# ip prefix-list PRE01 permit 172.16.1.0/24
 R1(config)# ip prefix-list PRE01 permit 172.16.2.0/24

 R1(config)# router eigrp 1
 R1(config-router)# distribute-list prefix PRE01 out GigabitEthernet0/0



 ◆ distribute-list prefix out コマンド

 distribute-list prefixコマンドの「out」はインターフェースでの適用だけでなく
ルート再配布の時にも
 適用できます。再配布されるルートは distribute-list prefix でフィルタリングされてから送信されます。
 考え方はdistribute-list ACL outコマンドの時と同じであり、相違点はACLなのかprefixなのかだけです。

 ◆ distribute-list prefix - 再配布されるルートのフィルタリング
 (config)# router protocol1
 (config-router)# distribute-list prefix name out protocol2

コマンド引数 説明
protocol1

 ルートフィルタリングを行う対象となるルーティングプロトコルの指定

name  対象ルートを指定したプレフィックス名
protocol2

 再配布元になるルーティングプロトコルの指定



   

 
◆ distribute-list prefix 設定例 その2

 R2(config)# ip prefix-list PRE01 permit 172.16.1.0/24
 R2(config)# ip prefix-list PRE01 permit 172.16.2.0/24

 R2(config)# router eigrp 1
 R2(config-router)# redistribute-list ospf 1
 R2(config-router)# default-metric 1000000 1 255 1 1500
 R2(config-router)# distribute-list prefix PRE01 out ospf 1




ルート再配布とルート制御( redistribute、distribute-list、route-map、distance )

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.