OSPF - area filter-list prefix in / out



 ◆ OSPF - ABRでのルートフィルタリング

 OSPFでは、distribute-list out では外部ルートしかフィルタリングできず、distribute-list in は非推奨と
 ありますが、area filter-listコマンドを使用すれば、LSAタイプ3のルート情報をフィルタリングできます。
 LSAタイプ3が対象であることから、フィルタリング
対象はエリア間ルートであり、設定ルータはABRです。

 ◆ OSPF - エリア間ルートのアドバタイズのブロック設定
 (config)# router ospf process-id
 (config-router)# area area-id filter-list prefix name [ in | out ]

コマンド引数 説明
area-id

 ルートフィルタリングを行う対象となるエリアの指定

prefix name  ルートフィルタリングを適用するためのプレフィックスリストの指定
in

 指定したエリアに送信されるエリア間ルートをフィルタリング

out  指定したエリアから送信されるエリア間ルートをフィルタリング

 area-filter-listで使用しているip prefix-listコマンドの解説は「ip prefix-listコマンド解説」をご参考下さい。




   


 ◆ OSPF - area filter-list prefix - out の設定例

 R2(config)# ip prefix-list PRE-AREA10 deny 10.1.1.0/24
 R2(config)# ip prefix-list PRE-AREA10 permit 0.0.0.0/0 le 32

 R2(config)# router ospf 1
 R2(config-router)# area 10 filter-list prefix PRE-AREA10 out




 上図の設定では、エリア10から送信されるエリア間ルートをフィルタリングしていますが、下図のように
 エリア0で受信するエリア間ルートをフィルタリングしても、ルーティングテーブルは同じ結果となります。


   


 ◆ OSPF - area filter-list prefix - in の設定例

 R2(config)# ip prefix-list PRE-AREA10 deny 10.1.1.0/24
 R2(config)# ip prefix-list PRE-AREA10 permit 0.0.0.0/0 le 32

 R2(config)# router ospf 1
 R2(config-router)# area 0 filter-list prefix PRE-AREA10 in




ルート再配布とルート制御( redistribute、distribute-list、route-map、distance )

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.