route-map - match / set command



 ◆ route-map - matchコマンド

 ルートマップの条件文を定義するmatchコマンドを紹介します。下記のconditionに位置するコマンドです。

 ◆ ルートマップ - matchコマンドの設定
 (config)# route-map map-tag permit | deny [ seq-number ]
 (config-route-map)#
match condition


 
◆ PBRの制御ために主に使用
matchコマンド 説明
 match ip address acl

 PBRにおける対象パケットの合致条件に、ACLを使用

 match length min max  PBRにおける対象パケットの合致条件に、Layer3パケットの長さを使用


 
◆ ルート再配布(redistribute)、配布リスト(distribute-list)、BGPの制御のために主に使用
matchコマンド 説明
 match ip address acl

 ルート再配布・配布リスト・BGPにおける対象ルートの合致条件に、ACLを使用

 match ip address prefix-list name  ルート再配布・配布リスト・BGPにおける対象ルートの合致条件に、Prefixを使用
 match interface interface-id  ルート再配布・配布リストの対象ルートにおける合致条件に、interfaceを使用
 match tag name  ルート再配布・配布リスト・BGPの対象ルートにおける合致条件に、TAGを使用
 match metric metric  ルート再配布・配布リスト・BGPの対象ルートにおける合致条件に、メトリックを使用
 match route-type type  ルート再配布・配布リスト・BGPの対象ルートにおける合致条件に、ルートタイプを使用
 match ip next-hop acl  標準ACLで定義したアドレスのネクストホップとなっているルートが再配布対象
 match ip route-source acl  標準ACLで定義したアドレスのソースアドレスを持つルータのルートが再配布対象


 
◆ BGPの制御のために使用( PBR、ルート再配布、配布リストでは使用できないコマンド )
matchコマンド 説明
 match as-path path-list-number

 BGP制御における合致条件に、ASパスリストを使用

 match community list-number  BGP制御における合致条件に、コミュニティリストを使用
 match extcommunity list-name  BGP制御における合致条件に、拡張コミュニティリストを使用
 match local-preference value  BGP制御における合致条件に、ローカルプリファレンス値を使用


 ◆ route-map - setコマンド

 ルートマップの処理文を定義するsetコマンドを紹介します。下記の action に位置するコマンドです。

 ◆ ルートマップ - setコマンドの設定
 (config)# route-map map-tag permit | deny [ seq-number ]
 (config-route-map)#
match condition
 (config-route-map)#
set action


 ◆ PBRの制御のために主に使用
setコマンド 説明
 set ip next-hop address

 matchコマンドの合致パケットに、ルーティングと異なるネクストホップを提供

 set interface interface-id  matchコマンドの合致パケットに、ルーティングと異なるパケット転送先のI/Fを提供
 set ip default next-hop address

 matchコマンドの合致パケットに、ルーティングと異なるネクストホップを提供 ※1

 set default interface interface-id  matchコマンドの合致パケットに、ルーティングと異なるパケット転送先のI/Fを提供 ※1
 set ip precedence value  matchコマンドの合致パケットに、IPヘッダのPrecedence値を変更(ToS Field 先頭3bit)

 ※1 PBRに合致する対象パケットをルーティングするためのルートがない場合に発動される設定コマンド



 ◆ ルート再配布(redistribute)、配布リスト(distribute-list)、BGPの制御のために主に使用
setコマンド 説明
 set metric value

 matchコマンドの合致ルートに、ルートメトリック値を定義

 set metric-type value  matchコマンドの合致ルートに、再配布先のルーティングプロトコルのメトリックタイプを定義。
 set tag tag

 matchコマンドの合致ルートに、タグ値を定義



 ◆ BGPの制御のために使用( PBR、ルート再配布、配布リストでは使用できないコマンド )
setコマンド 説明
 set as-path prepend

 matchコマンドの合致ルートに対して、ASパス属性を定義

 set community  matchコマンドの合致ルートに対して、コミュニティ属性を定義
 set dampening

 matchコマンドの合致ルートに対して、タンプニング対象とする

 set local-preference  matchコマンドの合致ルートに対して、ローカル優先度を変更
 set origin  matchコマンドの合致ルートに対して、オリジンコードを変更
 set weight  matchコマンドの合致ルートに対して、BGPウェイト値を変更



ルート再配布とルート制御( redistribute、distribute-list、route-map、distance )

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.