distance command



 ◆ AD値の設定変更 - ルーティングプロトコル共通の設定コマンド

 アドミニストレーティブディスタンス値は、そのデフォルト値を設定変更できます。設定変更するためには
 各ルーティングプロトコル上でdistanceコマンドでAD値を定義します。このコマンドは、特定の経路のみ
 AD値を変更したい場合に主に使用されて、ルートタイプごとにAD値を変更したい場合には以降で紹介する
 distance eigrp、distance ospf、distance bgpコマンドを使用して制御します。

 ◆ AD値の設定変更 - ルーティングプロトコル共通の設定コマンド
 (config)# router protocol
 (config-router)#
distance ad-value address/mask [ acl ]

コマンド引数 説明
 ad-value

 新しく適用するAD値(アドミニストレーティブディスタンス値)を 1〜255 の範囲で指定

 address/mask  ルート情報の送信元のネイバールータのIPアドレスの指定
 acl  ACL番号の指定( ACLのpermitに合致したルートのみがAD値変更の対象となる )



 ◆ distanceコマンドの特徴

 ・ distanceコマンドで変更したAD値は、
ローカルのみで有効であり、変更後のAD値は通知されません。
 ・ コマンド引数の「address/mask」で特定のネイバーIPアドレスを指定すると、ネイバールータごとに
   受信するルート情報に対して異なるAD値を割り当られます。0.0.0.0 255.255.255.255 とすれば全部。
 ・ ルーティングプロトコルの境界ルータが冗長化された複数ある場合、その境界ルータで双方向にルート
   再配布を行うと、適切に最適ルートを学習できない時があります。その際にAD値の調整が役立ちます。


 ◆ distanceコマンドの設定例

 
◆ 設定例 : OSPFルートの「192.168.1.0/24と192.168.2.0/24」のみ、R1のルーティングテーブルではAD値「130」とする設定

 R1(config)#
access-list 10 permit 192.168.1.0 0.0.0.255
 R1(config)# access-list 10 permit 192.168.2.0 0.0.0.255

 R1(config)# router ospf 1
 R1(config-router)#distance 130 0.0.0.0 255.255.255.255 10



 ◆ AD値の設定変更 - EIGRP

 EIGRPでは、デフォルトで内部ルート(90)と外部ルート(170)で異なるディスタンス値を持っています。
 ルートタイプごとに異なるAD値を適用したい場合は以下のコマンドで設定します。

 ◆ EIGRPのdistanceの設定
 (config)# router eigrp as-number
 (config-router)# distance eigrp internal-distance external-distance

コマンド引数 説明
internal-distance

 デフォルト値は90。内部ルート(D)のAD値を1〜255の範囲で指定。

external-distance  デフォルト値は170。外部ルート(D EX)のAD値を1〜255の範囲で指定。


 
◆ 設定例 : 内部ルート、外部ルートともにAD値を「90」とする設定


 Cisco(config)# router eigrp 1
 Cisco(config-router)#distance eigrp 90 90




 ◆ AD値の設定変更 - OSPF

 OSPFは内部ルート、外部ルートに関係なくAD値は全て110です。distance ospfコマンドを使用することで
 エリア内ルート(O)、エリア間ルート(O IA)、外部ルート(O E1/E2)に、異なるAD値を適用できます。

 ◆ OSPFのdistanceの設定
 (config)# router ospf process-id
 (config-router)# distance ospf [ external distance | inter-area distance | intra-area distance ]

コマンド引数 説明
external distance

 デフォルト値は110。外部ルート( O E1/E2 )のAD値を1〜255の範囲で指定。

inter-area distance  デフォルト値は110。エリア間ルート( O IA )のAD値を1〜255の範囲で指定。
intra-area distance  デフォルト値は110。エリア内ルート( O )のAD値を1〜255の範囲で指定。


 
◆ 設定例 : 外部ルートのみAD値を「115」とする設定


 Cisco(config)# router ospf 1
 Cisco(config-router)#distance ospf external 115




 ◆ AD値の設定変更 - BGP

 BGPでは、デフォルトでローカルルート(200)、内部ルート(200)、外部ルート(20)の異なるAD値を
 持っています。ルートタイプごとに異なるAD値を適用したい場合は以下のコマンドで設定します。

 ◆ BGPのdistanceの設定
 (config)# router bgp as-number
 (config-router)# distance bgp external-distance internal-distance local-distance

コマンド引数 説明
external-distance

 デフォルト値は20。EBGPネイバーから学習した外部ルートのAD値を1〜255の範囲で指定。

internal-distance  デフォルト値は200。IBGPネイバーから学習した内部ルートのAD値を1〜255の範囲で指定
local-distance  デフォルト値は200。ローカルルートのAD値を1〜255の範囲で指定。


 
◆ 設定例 : 外部ルートのAD値を「30」、内部ルートのAD値を「210」ローカルルートのAD値を「220」とする設定


 Cisco(config)# router bgp 65000
 Cisco(config-router)#distance bgp 30 210 220




ルート再配布とルート制御( redistribute、distribute-list、route-map、distance )

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.