route-map set tag / match tag



 ◆ ルートへのタグ付け

 distribute-listとroute-mapコマンドを使用することで、ルートに
タグ( route tag )を付けられます。
 任意のルートに対し32ビットの整数のタグを付加することで、ルートフィルタリングが柔軟に行えます。


 ◆ ルートにタグ付けする設定

 下図ではR1で保持しているルートのうち「192.168.1.0/24」と「192.168.2.0/24」のルートに対して
 タグ「5」を付加しています。その他のルート情報は、タグ付けせずにそのままアドバタイズするために
 setコマンドやmatchコマンドを定義していないルートマップ( route-map R-TGA01 permit 20 )を
 設定します。この1行だけのroute-mapは「route-mapの暗黙のdeny」に到達させないために必要です。


  


 R1(config)# access-list 1 permit 192.168.1.0 0.0.0.255
 R1(config)# access-list 1 permit 192.168.2.0 0.0.0.255

 R1(config)# route-map R-TAG01 permit 10
 
R1(config-route-map)# match ip address 1
 R1(config-route-map)# set tag 5

 
R1(config)# route-map R-TAG01 permit 20

 R1(config)# router eigrp 1
 R1(config-router)# distribute-list route-map R-TAG01 out




 R1でタグ付けの設定が成功しているかどうかは、R2で「 show ip route 192.168.1.0 」と入力します。
 ステータスで「 Route tag 5 」のように表示されていれば成功しています。※ 下側で表示されています。



 ◆ タグ付けされたルートのフィルタリング

 タグ付けされたルートをフィルタリングする設定を紹介します。タグ「5」が付加されたルータをアドバタイズ
 されないようにするためには、タグ「5」が付加されたルートに合致する場合は「拒否」するroute-mapを設定
 して、それ以外のルートは全て許可されるroute-mapを設定します。


  


 R2(config)# route-map R-FILT01 deny 10
 
R2(config-route-map)# match tag 5

 
R2(config)# route-map R-FILT01 permit 20

 R2(config)# router eigrp 1
 R2(config-router)# distribute-list route-map R-FILT01 out




 結果、R3のルーティングテーブルでは「192.168.1.0/24」と「192.168.2.0/24」のルートを受信しません。



ルート再配布とルート制御( redistribute、distribute-list、route-map、distance )

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.