CEF ( Cisco Express Forwarding )



 ◆ CEFとは

 ルータが、パケットを着信インターフェースから発信インターフェースへ転送する機能を
スイッチング
 言います。Ciscoでサポートしているスイッチング方式には以下があり、デフォルトでは、CEFが有効です。
 プロセススイッチング ⇒ ファストスイッチング ⇒ CEFの順で技術開発が進んでいき改善されてきました。

スイッチング方式 転送処理 説明
プロセススイッチング 低速  パケット単位でCPU処理して転送する方式
ファストスイッチング 中速  パケットのフロー単位でCPU処理して転送を行う方式
CEF 高速  全てのパケットをハードウェアで転送する方式


 ファストスイッチングの
フローとは「送信元から宛先へのデータの流れ」のことです。Ciscoルータでは
 着信した最初のパケットのみCPUで処理して、同じフローの後続パケットは、ハードウェアで処理します。


 ◆ CEF(Cisco Express Forwarding)とは

 CEFとは、
全てのパケットをハードウェア処理してパケット転送を行うシスコ独自のスイッチング方式です。
 スイッチング処理はコントロールプレーンとデータプレーンで実行されますが、CEFはデータプレーンでのみ
 スイッチングを行うことで高速なパケット転送を実現しています。

プレーン 説明
コントロールプレーン  CPUを使用してデバイス全体の制御を実行する
データプレーン  ASICを使用したハードウェア処理によるスイッチングを実行する



 CEFでは、データプレーン上で
FIBテーブルAdjacencyテーブル(隣接テーブル)を使用します。

データプレーンで使用するテーブル 説明
FIBテーブル  ルーティングテーブルに該当する役割( ルーティングテーブルをもとに作成 )
Adjacencyテーブル  ARPテーブルに該当する役割( ARPテーブルをもとに作成 )



   


 CEFでは、コントロールプレーンのルーティングテーブルを基に、データプレンのFIBテーブルが作成して
 コントロールプレーンのARPキャッシュを基に、データプレンのAdjacencyテーブルが作成されることから、
 キャッシュ情報が必要なく、全パケットがハードウェアで処理されるのでCPU負荷も少なく高速処理します。



 ◆ CEFの有効化

 Ciscoルータではデフォルトで以下の1行が設定されており、CEFが有効化されています。


 Cisco(config)# ip cef


 FIBテーブルとAdjacencyテーブルは、それぞれ以下のコマンドでステータスを確認できます。

ハードウェア 説明
FIBテーブル  show ip cef
Adjacencyテーブル  show adjacency detail



ルーティング

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2021 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.