Administrative Distance



 ◆ アドミニストレーティブディスタンス( AD )とは

 1台のルータには、スタティックルートとダイナミックルートを混在させられます。また、1台のルータに
 複数のルーティングプロトコルを設定できます。下図R1のルーティングテーブルで「172.16.4.0/24」の
 宛先ルートをスタティックルートとして保持するだけではなく、RIPによるダイナミックルートとして受信
 しているとします。このような場合には、ルータは信頼度の高いルーティングプロトコルからの情報だけを
 ルーティングテーブルに登録します。この信頼度を決めるための値が
アドミニストレーティブディスタンス


   


 R1では「172.16.4.0/24」の宛先ルートに対してRIPによるダイナミックルートとスタティックルートの
 2つの情報源があります。RIPのダイナミックルートとスタティックルートではスタティックルートの方が
 信頼度が高い(AD値が小さい)ため、ルーティングテーブルでは、スタティックルートの経路情報を登録。

 
信頼度が高い(情報源:S 宛先ルート:172.16.4.0/24 ネクストホップ:172.16.3.254 インターフェース:FastEthernet0/3)
 信頼度が低い(情報源:R 宛先ルート:172.16.4.0/24 ネクストホップ:172.16.2.254 インターフェース:FastEthernet0/2)

 ただし、R3のルータがダウン(電源OFF)すればR1で設定しているスタティックルートはネクストホップが
 見えなくなるので、ルーティングテーブルからスタティックルートが消えます。そしてR2から受信している
 RIPのダイナミックルートがR1のルーティングテーブルに登録されて、172.16.4.5 とはR2経由で通信します。

Cisco機器におけるデフォルトのAD値
ルート情報 AD値 信頼度
直接接続ルート 0 最も高い
スタティックルート 1
EIGRP - サマリールート 5
BGP - 外部 20
EIGRP - 内部 90
IGRP 100
OSPF 110
IS-IS 115
RIP 120
ODR 160
EIGRP - 外部 170
BGP - 内部 200
不明 ( Routing Table にのらない ) 255 最も低い

 EIGRPやBGPの"外部"というルートは、他のルーティングプロトコルで再配布され、EIGRP/BGPルートに変換されたルートのこと。

 ルーティングテーブルの比較基準には3つあります。
 @ 
ロンゲストマッチ
 A 
アドミニストレーティブディスタンス
 B 
メトリック

 ルーティングテーブルにおける優先順位は例外なく
 @、A、Bの順番で比較されていくことになります。

 ルーティングテーブルにパケットが着信した時にその
 パケットの宛先アドレスを見て、これらの優先順位に
 従ってパケットが転送されていきます。この考え方は
 非常に重要です。ネットワークエンジニアとして仕事
 をしていく上で、常に求められるNW技術と言えます。



ルーティング

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2018 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.