SDN - hop by hop / overlay



 ◆ SDNの方式 - ホップバイホップとオーバーレイ

 SDNの方式はいくつかに分類できますが、大きくは「
ホップバイホップ方式」「オーバーレイ方式」の2つに
 分類することができます。オーバーレイは「仮想オーバーレイ方式」「エッジオーバーレイ」とも呼ばれます。


 ◆ SDNの方式 - ホップバイホップ方式

 ホップバイホップ方式のSDNは、
OpenFlowを前提に作られています。ホップバイホップでは全てのスイッチで
 つまり hop by hop にパケットの転送制御をしています。OpenFlowプロトコルでは、ネットワークを構成する
 スイッチでのパケットの転送方式を全てOpenFlowコントローラ側で決定して、個々のOpenFlowスイッチでは
 パケットの転送に専念させる方式となっています。詳しは「SDN - OpenFlow とは」の記事をご参照ください。


    


 ◆ SDNの方式 - オーバーレイ方式

 オーバーレイ方式のSDNは、
仮想スイッチ間でトンネリングを定義することで、既存の物理ネットワーク環境
 をそのまま利用できる方式。オーバーレイ方式ではハイパーバイザーに組み込んだ仮想スイッチを使用します。

 オーバーレイ方式はサーバ仮想化が導入されている場合、
新規の機器導入が最小限で済むメリットがある一方、
 
細かな経路制御や帯域制御などはできないデメリットがあります。例えば VMware NSX はオーバーレイ方式の
 SDNを提供するネットワーク仮想化プラットフォーム」であり、様々なネットワークサービスを仮想で提供して
 コントローラから集中制御を行います。


    



 オーバーレイは、イーサネットフレームをIPパケットにカプセル化してトンネリングする設定方式です。この
 オーバーレイ方式のトンネルリンクでやり取りされるイーサネットフレームはIPパケットに丸ごとカプセル化
 されて通常のIPパケットとして転送されることから、その経路上の既存ネットワーク機器を流用できます。

 上述を実現するために使用するオーバレイプロトコルとして
VXLANがあります。VXLANでは、UDPパケット
 の中にイーサネットフレームをカプセル化します。その他のオーバレイプロトコルには
NVGRESTTなどが
 あります。これらのオーバレイプロトコルを使用することにより
仮想ネットワークのLayer2を延伸できます



仮想化技術(サーバ仮想化・ネットワーク仮想化)

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2018 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.