Proxy Server



 ◆ プロキシサーバとは

 プロキシサーバとは、インターネット接続をできない(させない)内部ネットワークのPCの
代理として
 インターネット接続を行うサーバのこと。プロキシサーバは、企業の内部ネットワークとインターネット
 の境界に配置されます。プロキシサーバには色々な種類がありますが、一般的にプロキシサーバといえば、
 HTTPトラフィックを対象としたWebプロキシ(HTTPプロキシ)を指します。


    


トラフィックの場所 プロキシサーバの役割
クライアントPC ⇔ プロキシサーバ クライアントPCに対してWebサーバの働きをする
プロキシサーバ ⇔ Webサーバ Webサーバに対してクライアントPCの働きをする


 上図の通り、クライアントPCはプロキシサーバとHTTPコネクションを確立させます。次にプロキシサーバと
 WebサーバがHTTPコネクションを確立させます。ここでいうプロキシサーバはWebプロキシである事が前提。
 WebサーバではクライアントPCのIPアドレスは隠蔽され
プロキシサーバのIPアドレスが送信元として見えます


   



 ◆ プロキシサーバ導入のメリット

 @ 
キャッシング
 プロキシサーバはキャッシュ機能を実装させています。以前にWebサーバから受信したWebページの情報を
 プロキシサーバ自身のHDDなどに一時的にキャッシュすることができます。これによりクライアントPCから
 HTTPリクエストをプロキシサーバに送信した時にそのキャッシュ情報があれば、キャッシュ情報をすばやく
 送り返すのでWeb通信の高速化を実現させます。Webブラウザにもキャッシュ機能はありますが、プロキシ
 の場合では規模が異なります。また、プロキシサーバの場合プロキシの全利用者のキャッシュを保持できます。

 A 
ユーザの認証
 プロキシサーバにユーザ認証を実装すると、認証されたユーザだけがインターネット通信が可能になります。

 B 
ユーザの一元管理
 内部から外部ネットワークに出ていくHTTPトラフィックを一元管理してユーザ通信を把握する事ができます。

 C 
フィルタリング
 プロキシサーバでは、特定のURLをアクセス禁止に設定することができます。これにより、特定の不適切な
 Webサイトの閲覧を禁止することができます。また、受信コンテンツのウィルスチェックをすることも可能。

 D 
匿名性の確保
 プロキシサーバを導入することで、WebサーバにはクライアントPCではなく、プロキシサーバがアクセスする
 ことになるので、WebサーバにはクライアントPCの固有情報(IPアドレス、OS、ブラウザ)が漏れることなく
 Webサーバを閲覧することが可能です。※ ただし、使用しているプロキシサーバの固有情報は伝わります。



 ◆ プロキシサーバ - クライアントPC側の設定

 プロキシサーバを使用するためには、クライアントPCのWebブラウザで例えば以下のようにプロキシサーバの
 IPアドレスとポート番号を指定する必要があります。Internet Exploreの場合、ブラウザを開き「ツール」 ⇒
 「インターネットオプション」⇒「接続タブ」⇒「LANの設定」で例えば以下の通り設定する必要があります。




ネットワークセキュリティ

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2018 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.