CRL or OCSP



 ◆ CRL(Certificate Revocation List)とは

 CRLとは有効期限よりも前に失効させたデジタル証明書の一覧です。有効期限よりも前に失効させる
 というのは、例えば証明書の誤発行や証明書の秘密鍵紛失で悪用されるのを回避するための処置です。
 認証局では、そのような証明書をCRLに登録して管理します。CRLは日本語では証明書失効リスト
 言いますが、正確にはPKIにおける公開鍵証明書のリスト( 証明書のシリアル番号のリスト )のこと。



 ◆ 証明書の有効性のチェック

 デジタル証明書が失効していないものなのかをチェックする方法は大きく以下の2パターンがあります。

 @ CRLファイルをダウンロードしてローカルチェック
 デジタル証明書の受け取り側は、デジタル証明書とCRLを照合することで証明書が現在も有効であるかを
 確認できます。CRLは認証局(CA)から定期的に最新情報が配布されるので、それをダウンロードします。
 クライアント視点から解説すると、サーバ証明書の有効性をチェックする場合、Webサイトなどから受信
 したサーバ証明書のシリアル番号とCRLに登録された証明書のシリアル番号を照合して有効性を確認可能。


     


 SSL-VPN接続などでは、クライアントPCから提示されたクライアント証明書の有効性をチェックする場合、
 例えばCisco ASAが指定したCRL参照先に問い合わせ、そのクライアント証明書の有効性をチェックします。


 A OCSP(Online Certificate Status Protocol)によるオンラインチェック
 クライアントがCRLファイルをダウンロードしてチェックする手法の場合は、保存したCRLファイルが最新
 とは限らないので定期的にダウンロードする必要がありますが、ここで紹介する
OCSPを使用したオンライン
 チェックでは、デジタル証明書の有効性をリアルタイムで確認できて、クライアントの処理も軽くなります。

 OCSPは、X.509公開鍵証明書の失効状態を取得するための通信プロトコルです。@によるCRLの手法の
 代替手段として策定された実装です。OCSPクライアントがOCSPサーバ( OCSPレスポンダ )に対して
 デジタル証明書の有効性を確認させることでクライアントが自力でのCRL取得や照合する手間が省けます。


    



 OCSPサーバ(OCSPレスポンダ)はCA自身や
 CRLを集中管理する
VAが運営を行っています。

 VA(Validation Authority)はデジタル証明書
 の失効リスト(CRL)を集中管理して証明書の
 有効性をチェックするシステムのことです。

 認証局(CA)とは異なり、デジタル証明書の
 発行は行わずに検証機能に特化しています。




SSL/TLS、SSLサーバ証明書、SSL-VPN

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.