TCP/IP - TCP sequence control / Retransmission Control



 ◆ TCP - 信頼性の確保(順序制御)

 TCPでは全てのTCPパケットにシーケンス番号を付与します。以下では、ホストAからホストBに対して
 2600byteのデータを分割して送信しています。TCP/IPでは、一度に送信できるデータのサイズ(MSS)
 に上限があるためこのようにデータの分割を行る必要があります。以下では1300バイトと1300バイト
 に分割していますが、
シーケンス番号の値があるため受信側はもとのデータを正しく組み立てられます。


  


 ◆ TCP - 信頼性の確保 ( 再送制御 )

 TCPでは、データ送信の度に無事にデータが到達したことを知らせるために確認応答(ACK)を行います。
 ホストAからBへデータを送り無事に届けば、ホストBはAに確認応答としてACKビットを立てて返信します。
 または、この確認応答がない場合はネットワーク伝送経路の途中でパケットが破棄された可能性があります。
 TCPでは一定時間内にACKが帰ってこない場合は、パケットが破棄されたと判断して
再度データを送ります。


   




TCP - 3ウェイハンドシェイク TCP - ウィンドウ制御、フロー制御

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.