GARP



 ◆ GARPとは

 GARP(Gratuitous ARP)はARPパケットの1つであり、以下の2つの役割を持っているプロトコルです。

 @ 自分自身に設定する
IPアドレスが重複していないかどうかを検出
 A 同一セグメントのネットワーク機器上の
ARPキャッシュを更新させる

 GARPとは、自分自身に設定するIPアドレスに対するARPのことです。通常のARPでは宛先のIPアドレスに
 対して宛先のMACアドレスを得ようとしますが、GARPでは自身のIPアドレスに対して自身のMACアドレス
 を得ようとします。自身のMACアドレスは知っているはずなのに、なぜ、自身のIPアドレスに対してARPを
 行うのかは、上記の2つの役割を実現するためです。では、その2つの役割を以降で詳細に解説していきます。



 ◆ GARPの役割 - その1

 GARPにより、自分自身にIPアドレスがアサインされる際に他のホストが同じIPアドレスを使用していないか
 どうかを確認することができます。以下の@〜Bの流れとなります。Windows Server 2012 や Windows 8
 以降では、デフォルトの動作でアドレス重複確認のためのARPとGARPを送信します。


  


 Windows Server 2008R2、Windows 7では修正プログラム(KB2811463)を適用することでアドレス
 重複確認のためのARPに加えて、SPAに自身のIPアドレスをセットしたGARPも送信するようになります。


 ◆ GARPの役割 - その2

 GARPには、アドレス重複の検出の役割だけでなくもう1つの役割があります。GARPは、同じセグメントの
 ネットワーク機器上のARPキャッシュを更新することによって、VRRPやHSRPなどで切り替わりが発生した
 機器とすぐに通信できるようにするためにも使用されます。


    


 ◆ ARP、RARP、GARPの違い

ARP / RARP/ GARP 説明
ARP  ・ 相手のIPアドレスからMACアドレスを得るためのプロトコル
RARP  ・ MACアドレスから自身のIPアドレスを得るためのプロトコル
GARP

 ・ 自身のIPアドレスが重複していないかどうかを検出するプロトコル
 ・ 同一セグメントのネットワーク機器上のARPキャッシュを更新させるプロトコル




IPとは ARPテーブル、ARPキャッシュ

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2018 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.