Cisco command - PC search / tclsh



 ◆ L2/L3スイッチ - クライアントPC追跡コマンド

 クライアントPCのIPアドレスが分かれば、そのクライアントPCがCatalystの何番ポートに接続している
 のかをコマンドで追跡することが可能です。例えば192.168.0.5/24のPCの接続するポートを調べるため、
 そのクライアントPCのトラフィックをルーティングするL3スイッチで、以下のようにARP情報を調べます。

 
show ip arp 192.168.0.5

 その結果、192.168.0.5のMACアドレスが「1234.5678.abcd」であるとします。その場合、Catalystで
 以下のように show mac-address-table address を入力することで、何番ポートに接続しているのかが
 表示されます。アップリンクポートが表示された場合、そのアップリンク先でも、以下のコマンドを入力。

 
show mac-address-table address 1234.5678.abcd


 ◆ Ciscoルータ - 検証環境や試験で役立つコマンド

 ネットワーク切替などを実施した場合、
疎通確認の宛先が多い時にはExpingなどのソフトを使用するのが
 一般的だと思います。CCIEラボ試験でもネットワーク構築後にLAN上のPCからExpingできればいのですが
 そのような場合はtclshを利用します。先ず
tclsh を入力しtclshモードに入りその後スクリプトを書きます。

 tclsh
 foreach address { 
 ip
10.1.1.1
 } {ping $address}



 例えば、上記に書かれているの貼り付ければ 10.1.1.1 に対してPINGが実行されます。つまり、例えば
 下記のように書けば5つの宛先にPINGができます。
foreach の後に宛先を追加していけばいいだけです。
 このコマンドは、検証環境やラボ試験で役立ちます。
現在稼働中の環境では実行しないようにしましょう。

 tclsh
 foreach address {
 ip 10.1.1.1
 ip 10.1.1.2
 ip 10.1.1.3
 ip 10.1.1.4
 ip 10.1.1.5
 } {ping $address}


 

 実際の実行結果です。foreach address の後の +> の記号は自動的に追加されます。Target IP address:
 の後にIPアドレスを入力するの必要はなく「
Enterキーを入力するだけ」で宛先IPアドレスにPINGが実行
 されます。この例ですと、コマンドのありがたみが分かりにくいですが、
色々なセグメントの多くの宛先
 IPアドレスが存在する時に便利さが理解できます。最初にnotepadなどに書いておけば良いだけですから。



Cisco IOSコマンド解説

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.