SVI



 ◆ SVIの設定

 マルチレイヤスイッチがVLAN間ルーティングするためには、SVI(Switch Virtual Interface)という
 論理インターフェースを設定する必要があります。このSVIはルーティングをさせたいVLANごとに作成
 する必要があります。該当するVLANを指定して、そのVLANに対してIPアドレスを割り当てればOKです。

 CatalystでSVIを作成するにあたり、そのスイッチで先ずIPルーティングを有効化する必要があります。

 ◆ L3スイッチでのIPルーティングの有効化
 Catalyst(config) # ip routing


 次に、SVIを以下の構文で作成します。SVI作成後は、そのインターフェースがshutdown状態にあるため
 それを有効化させるため、no shutdown を入力してインターフェースを有効化させる必要があります。

 ◆ SVI の作成
 (config)#
interface vlan vlan-id
 
(config-if)# ip address address mask
 (config-if)#
no shutdown

コマンド引数 説明
vlan-id


 L3スイッチでVLAN間ルーティングさせたいVLANを指定
 (config)#
interface vlan 10

address mask


 L3スイッチのSVIに割り当てたいIPアドレスとサブネットマスクを指定
 (config-if)#
ip address 192.168.10.254 255.255.255.0




 それでは下図をもとに設定例を紹介します。





 
◆ SVI の設定例


 Catalyst(config) #
vlan 10
 Catalyst(config) # vlan 20

 Catalyst(config) # ip routing

 Catalyst(config) # interface vlan 10
 Catalyst(config-if) # ip address 192.168.10.254 255.255.255.0
 Catalyst(config-if) # no shutdown

 Catalyst(config) # interface vlan 20
 Catalyst(config-if) # ip address 192.168.20.254 255.255.255.0
 Catalyst(config-if) # no shutdown



 設定完了後は show ip interface brief コマンドで「Status」と「Protocol」がともに up 状態であることを
 確認しましょう。SVI が正常に動作していない場合は以下の順番で SVI のステータスを確認していきましょう。

SVI のステータス確認 説明
 show vlan  SVI が関連付けられたVLAN IDが存在しているかを確認
 show interfaces status  SVI で指定したVLANに関連付けられたポートが up/up であることを確認
 show ip interface brief  SVI に関連付けられたIPアドレス、Status、Protocolの up/up 状態を確認
 show ip route  SVI に関連付けられたIPセグメントが「directly connected」で存在するか確認


 ◆ show ip interface brief で「Status」と「Protocol」がともに up 状態でない場合の原因
 @ SVI を作成したCatalystスイッチ上で、SVIに関連付けたVLAN IDが存在しない
 A SVI を作成後に no shutdown で SVI を有効化していない
 B SVI の VLAN IDを関連付けたLayer2物理ポートが1つもリンクアップしていない
 C Bでリンクアップ状態であるが、そのL2物理ポートのSTPがフォワーディング状態ではない



マルチレイヤスイッチとは ルーテッドポート - コンフィグ設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2021 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.