VLAN - Access Port Configuration



 ◆ VLAN - VLANの作成

 VLANの設定手順は、VLANの作成 ⇒ スイッチポートのモード設定( アクセスポートならVLAN IDの割当 )

 
◆ VLANの作成
 (config)#
vlan vlan-id
 (config-vlan)#
name vlan-name

コマンド引数 説明
vlan-id

 VLAN IDを 1〜4094 の範囲で指定。同時に複数作成したい場合は ( , ) や ( - ) を使用する。
 (config)#
vlan 10 ← VLAN 10 の作成
 (config)#
vlan 10,20 ← VLAN 10 と VLAN 20 の作成
 (config)#
vlan 10-20 ← VLAN 10 〜 VLAN 20 まで11個のVLAN IDを作成

vlan-name

 VLANの名前を指定。VLAN名の設定は必須ではなくオプション。管理上の観点で設定する。
 (config)# vlan 10
 (config-vlan)#
name Sales ← VLAN 10の名前を Sales と設定

 VLAN名を指定しない場合、自動的にVLAN番号の名前となる。VLAN 10の場合、VLAN0010。


 VLANを削除する場合、(config)# no vlan 10 というように頭に no を付けます。なおCatalystスイッチで
 デフォルトで生成されているVLAN 1、VLAN1002、1003、1004、1005については削除できないVLANです。

VLAN ID 説明
0, 4095 システム内部で使用するVLAN
1 イーサネットのデフォルトVLAN
2 - 1001 イーサネットの標準VLAN
1002 - 1005 トークンリング / FDDI のデフォルトVLAN
1006 - 4094 イーサネットの拡張VLAN


 ◆ VLAN - スイッチポートのモード設定

 
◆ スイッチポートのモード設定
 (config-if)#
switchport mode [ access | trunk | dynamic desirable | dynamic auto ]

コマンド引数 説明 DTPの送信
access  スイッチポートをアクセスポートにしたい場合に指定 しない
trunk

 スイッチポートをトランクポートにしたい場合に指定。
 DTPを送信して対向ポートがトランクポートになるようにネゴシエーションする。

する
dynamic desirable

 DTPを送信し、対向ポートとのネゴシエーションの結果、対向ポートが
 trunk、dynamic desirable、dynamic autoの場合、トランクポートになる。

する
dynamic auto

 DTPを受信し、対向ポートとのネゴシエーションの結果、
 対向ポートがtrunk、dynamic desirable の場合、トランクポートになる。

しない


 ※ スイッチ間での接続では、アクセスポートになるかトランクポートになるかは、自身と相手のモードの組み合わせによります。

自身のポート 相手:access 相手:trunk 相手:dynamic desirable 相手:dynamic auto
access アクセスポート 非推奨 アクセスポート アクセスポート
trunk 非推奨 トランク トランク トランク
dynamic desirable アクセス トランク トランク トランク
dynamic auto アクセス トランク トランク アクセス


 DTP (Dynamic Trunking Protocol) は、スイッチポートをアクセスポートまたはトランクポートにするのか
 を動的に決定するシスコ社独自のプロトコルです。DTPによって、対向のスイッチポートの設定状況に応じて
 自身のスイッチポートをアクセスポートまたはトランクポートで動作します。なお、実際に現場でこのDTPを
 使用することはあまりない。アクセスポートなら access と定義、トランクポートなら trunk と定義するのが
 一般的です。また、きめ細かなネットワークエンジニアならトランクポートでDTP送信停止を設定しています。

 
◆ DTP送信の停止
 (config-if)#
switchport nonegotiate



 ◆ VLAN - スイッチポートのモード設定(アクセスポート)

 アクセスポートの場合、スイッチポートのモードをアクセスにした後、そのポートにVLAN IDを割り当てます。

 ◆ アクセスポートのモード設定
 (config-if)#
switchport mode access

 ◆ アクセスポートへVLAN IDを割り当てる設定
 (config-if)#
switchport access vlan vlan-id

コマンド引数 説明
vlan-id

 VLAN IDを 1〜4094 の範囲で指定。
 (config-if)#
switchport access vlan 10 ← VLAN 10をスイッチポートに割り当て


 スイッチポートへの割り当てを削除したい場合は (config-if)# no switchport access vlan 10 と設定します。
 なお、デフォルトで全てのスイッチポートにvlan 1が割り当てられています(switchport access vlan 1)が
 上記設定によって上書きされます。ちなみに、デフォルト値 (vlan 1) はコンフィグ上には表示されません。



VLAN - アクセスポートとトランクポート VLAN - トランクポートのコンフィグ設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.